読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり旅ブログ~Miporipミポリップ~

海外旅行好きOLのブログ。 日本語しかしゃべれないけれど一人旅へ!くいしん坊の牡牛座!

where to go?

OLスーツケーストラベラー世界を巡る

渋谷で牡蠣三昧!オイスタバーって楽しい♪

牡蠣欲が高まることってありませんか?私はあります!まぁ、牡蠣に限らず、雲丹欲だったり、タイ料理欲だったり…。そんな牡蠣欲を満たすべく普段は近寄らない渋谷に行ってきました。

 

会社の先輩がここに行こう!と意気込んで決めたのが「オイスターバー パッチョ」です。なんでも「女くどき飯」に出ていたお店だそう。私には事前知識がなかったので先輩にお任せです。自分で全部決めるのがいい時もあれば、人にお任せして楽しみたいときもあります。

 

◎生牡蠣は何を選べばいいの?種類が豊富で悩む

f:id:miporip:20170227202408j:plain


生牡蠣は、あっさりタイプ6種類と濃厚なタイプ10種類。全部国産の牡蠣です。種類が多いので選べないので「おまかせオイスター食べ比べ盛り合わせ3種」をオーダーしました。単品で頼むより少しお得になっています。おまかせ盛り合わせは5種類のもありました。

 

f:id:miporip:20170227201758j:plain

 

3種の内容は、牡蠣の王様・相生M・イロハ島。食べ比べてみると味が違って楽しいです。牡蠣はそのまま食べても良いし、ソースをかけてもOK。ソースはレモンスコ2種とケチャップが置いてありました。

 

f:id:miporip:20170227201847j:plain

 

私はそのままが好きかな~。濃厚な味の牡蠣にはレモンスコで辛みをプラスしても良いかも。3つしかないのでどういう風にして食べるかは悩みました…。種類が多い牡蠣のメニューにはそれぞれ一言コメントが書いてあるので、自分で選ぶのも楽しそうです。私たちはお腹が空いていたので、早々に選ぶのを放棄しておまかせに流れてしました。


◎牡蠣料理&お魚料理を堪能
最近のメニュー選びは食べたいものを優先させるので野菜(サラダ)を頼まないことが増えました…。前菜は鯛のカルパッチョ。皮が炙ってあって香ばしいカルパッチョです。なんかお寿司屋さんみたい(笑)

 

f:id:miporip:20170227201931j:plain

 

お次は、牡蠣のアヒージョ。

 

f:id:miporip:20170227202443j:plain

 

アヒージョだから牡蠣は小さいのかなと思ったのですが、大きい!そして、真ん中に卵があります。卵はオイルと混ぜていただきます。生牡蠣よりも牡蠣の味が濃く感じます。オイルにはお通しで出てくるフォカッチャをつけて食べると最高です。フォカッチャだけでも美味しいのに、オイルをつけるとやめられません!ついついフォカッチャをおかわりしてしましましたよ~。

 

f:id:miporip:20170227202017j:plain


カレイのアクアパッツア。この日のお魚はカレイでした。カレイがどーんと、牡蠣ものっています。このアクアパッツア、残ったスープでパスタにしていただけるそうなのですが、スープが美味しくて食べ終わった時にはほぼなくなってしまい、パスタにはできませんでした。残念!

 

f:id:miporip:20170227202154j:plain

 

さて、さて最後はパスタです。牡蠣のパスタメニューも豊富なのですが、今まで牡蠣を食べているのでパスタは、生青海苔のクリームソース スパゲッティに。海苔の香りがよくいくらでも食べれてしまう~♪

 

f:id:miporip:20170227202501j:plain

 

もうデザートが入らないくらいお腹いっぱいです。お会計後にホカロンをもらってHAPPY。あったいサービスですね。

 

素敵なお店なので、ぜひ牡蠣好きな方は行ってみてください~。

 

f:id:miporip:20170227202550j:plain

 

pacciooysterbar.owst.jp

ウズベキスタンひとり旅 入国で大混乱!

こんにちは。寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。おかげさまで仕事の方がバタバタしており、次の旅行の予定は3月までお預け状態。大人しく仕事を頑張ることにします!


今回は、ウズベキスタンのひとり旅をご紹介したいと思います。そもそも、なんでウズベキスタンに行こうかと思ったの?ってよく聞かれます。なんでかって?それは青いタイルがキレイだから!…でしょうか。

 

f:id:miporip:20170210160810j:plain

 

本当はイランのモスクに行きたかったのですが、なかなか女性一人じゃ厳しいんじゃないかと思い、キレイな装飾のあるモスクを探していたところウズベキスタンのサルマカンドを発見。青いタイルの美しさに魅了されて、ウズベキスタンに決めました。サマルカンドファイナルファンタジー10に出てくる街のザナルカンドのモチーフになった場所なんて言われているみたいですね。私はファイナルファンタジーはやったことがないので知らなかったのですが、この話をFF10をプレイしたことがある人に話すと「あ~、ザナルカンドのねぇ~」と、なんとなく街のイメージがつくみたいです。(サマルカンドとザナルカンドの街は全然違うとは思いますが。)


◎どうやってウズベキスタンに行く?

<個人旅行 or ツアー旅行?>

旅の方法としては、個人手配ではなく旅行会社で手配することに。ウズベキスタンのことやモスクのことをきちんと知りたかったので日本語ガイドさんをお願いすることに。ガイドさんのつく個人ツアーを選びました。(ひとり旅ですが実質はガイドさんとドライバーさんとほぼ一緒です。)

 

<ビザは必要?>

ウズベキスタンに入国するにはビザが必要です。私は旅行会社には頼まずに自分で白金高輪にあるウズベキスタン領事館に行って申請しました。1度申請に行って、約1週間後に受取りに行くので2回行かなければなりません。幸い、職場からそんな遠くない場所だったので助かりました。でも意外に手間ですよね。

 

<飛行機は?>

フライトは日本(成田)からウズベキスタン航空で直行便が出ています。今回、初めて成田からウズベキスタンの直行便があることを知りました!ウズベキスタンって意外にも身近にいける場所だったんですね。(成田-ウズベキスタンは運休している場合もあるみたいなので注意してください。)

しかし、私はアシアナ航空で仁川を経由してウズベキスタンに行くフライトを選択。ウズベキスタン航空ではなくアシアナ航空を選んだ理由は…ウズベキスタン航空の評判があまりよろしくないからです…。アシアナの方が快適そうだし、コチュジャンもらえるし(笑)でアシアナ航空にしました。

 

f:id:miporip:20170210161146j:plain

 

仁川空港は広くてキレイ。トランジットには良い空港ですね。乗り継ぎもスムーズで迷うことはありませんでした。

 


◎いきなり最大の難関!無事に入国できるの?

さてさて、ウズベキスタンに到着です。イミグレーションを通過して入国だ!っと意気込んだものの…他の国と同じようには行きませんでした。イミグレーションが大混雑!超大混雑!ただ、イミグレーションが混雑しているのは他の国でも良くあること。長蛇の列にならんでひたすら待つなんてことはね、普通ですよね。ザラですね。

しかし!ウズベキスタンのイミグレーションは、人が多いのにイミグレーションの規模が小さ過ぎる…。窓口の数が少ないし、場所も狭い!大人数が我先にと並ぼうとするので、カオス。私が今までみてきた空港だと職員の方がいて、列を整理しますが、それがないんです。誰がどこに並んでいるかもう良く分からない。もうギュウギュウの満員電車状態です。普段のんびりしてる私ですが、こうなってはいつまでも出られない!と奮起し、並ぶ目標の窓口を決めたら前の人にぴったりくっついて、割り込みされないようにガード。ギュウギュウの中ひたすら待ちます。結構過酷です、ホントに。こんなイミグレーションは今までなかったのでびっくりしましたよ。

 

なんとな~く見ていると欧米の人や中国系?の人は入国審査に時間がかかっている場合も多くて、不安になりましたが、私はさらっと通過。日本のパスポートの力でしょうか。良かった良かった。

 

イミグレーションを通過するまでにすごく時間がかかったので、スーツケースはもうとっくに出ているだろうと思ったのですが、出てきてない…。不安になるくらい出てこない…。ここでも待って、ようやく外に出れました。もうこの時点でヘトヘトです。

 

最初に言ってしまいますが、ウズベキスタン旅行は楽しかったです。もう一度行きたいくらい楽しかったのですが、このイミグレーションを通過を思い出すともう行きたくないんです…。これからウズベキスタンに行かれる方は覚悟していただいて、並ばなければラッキーくらいに思ってください。


幸いにも空港外で待ってくれていたガイドさんにはすぐに会うことができました。ガイドさんもあまりにも私が遅いので空港職員の方に呼び出しをお願いしていたみたいです。(ガイドさんは空港内に入ることができません。)

夜中に到着したのでタシュケント市内のホテルにそのまま直行。宿泊し、早朝にブハラへ出発です。

ちなみに空港は撮影禁止のため写真がありません…。ウズベキスタンでは空港・駅は撮影禁止なんです。地下鉄の駅は素敵なのですが写真に撮れないのがとっても残念でした。

青いチョコレートを実食!これってチョコレートなの??

こんにちは!まだまだ寒い日が続いていますね。そろそろバレンタインデーということでチョコレートがいっぱいで嬉しい季節です♪今年はどんなチョコレートを買おうかと悩み中…。

 

◎食べてみたかった青いチョコレート!

f:id:miporip:20170206211824j:plain

毎年食べてみたいなぁ~と思っていた青いチョコレートこと「ケルノン・ダルドワーズ」(フランス)すごく美味しいとのうわさ?のチョコレートです。まとめサイトのタイトルには「絶句するほど美味しい」「チョコ好きなら絶対食べたい」なんて書いてあります。どれほど美味しんだろう!と期待が高まります。

 

今回は6枚入りの缶を購入してみました。こんな小さい缶に入っています。小さい…。いちさい…。そしてお値段は1,618円。1枚270円…高いですね。

 

f:id:miporip:20170206211929j:plain

缶のフタには青いチョコレートのイラストが描いてあります。レトロな雰囲気で可愛い。青いチョコってギョッとしますが、思ったよりも違和感ないですよ。フランスのロワール地方にあるアンジェにある屋根瓦をモチーフにしているそう。

 

f:id:miporip:20170206213922j:plain

缶の中はこんな感じで6枚入っています。ブルーは思ったよりも渋めな感じ。販売サイトで見るともっと鮮やかなブルーだったので拍子抜けでした。

 

f:id:miporip:20170206213931j:plain

さてさて、こちらが青いチョコレート!!!いびつな形が良い味だしてますね。周りのチョコレートは柔らかめです。

 

f:id:miporip:20170206215207j:plain

こちらが断面。チョコレートの部分が薄くて、中のアーモンド&ヘーゼルナッツとキャラメルがぎっしり。中がキャラメルが固いので歯ごたえあります。ザクザクです。そして、肝心のお味ですが、はっきり申し上げてチョコレートの味はほぼしません!(ガーン)キャラメルナッツの味です。チョコレートを食べたくて食べると満足できないと思います。キャラメルを食べたいならGOOD!GOOD!

 

私的にはチョコレートを食べたかったので、このお味では不満が…。あくまでチョコレートはコーティングしているだけのようです。チョコ好きの方におすすめというよりはキャラメルナッツ好きの人におすすめのチョコレートだと思います。

 

 

ちなみに私はフェリシモで購入しましたが、もう売り切れ。

www.felissimo.co.jp

 

高島屋ならまだ購入できるみたいです。

www.takashimaya.co.jp

 

 期待したほどではなかった青いチョコレートですが、食べてみたかったので良かったです。次はどんなチョコレートを食べようかな。

 

 

出雲大社と崖!崖好き女子

 こんにちは。国内ひとり旅レポート出雲の旅の続きです。冬の日本海っていいですよね~♪

 

◎電車でのんびり出雲大社へGO!

旅のメインである出雲大社へ。出雲市駅から一畑電車出雲大社へ向かいます。バスでも行けるのですが、電車に乗ってみることにしました。のんびりローカル電車旅です。

 

f:id:miporip:20170126122815j:plain

 

かわいいゆるキャラのラッピング電車。1回乗り換えがあって、出雲大社駅へ。参道にはお店がいろいろありましたが、人がいなくて思っていたよりも寂し印象…。平日の午前中だから仕方ないのかも。

いよいよ出雲大社です。

 

f:id:miporip:20170126122816j:plain

 

f:id:miporip:20170126122817j:plain

 

神社好きの会社の先輩にもいろいろ聞いていたのを参考にあれこれ見てまわりました。


◎朱色と日本海と崖の魅力

次は、私の裏メインの崖見物です!私、崖が好きなんです。崖女です。出雲大社からバスにのって出雲日御碕灯台へ。途中にあの稲佐の浜がバスから見えました。出雲を紹介してくれたネイリストさんは、稲佐の浜で行われる神迎神事にも行ったことがあると言っていました。バスから見えるとは思っていなかったので嬉しかったです。

さてさて、バスに揺られて日御碕まで。崖に行く前に日御碕神社に寄ってお参りです。朱色が鮮やかな日御碕神社。

f:id:miporip:20170126123245j:plain

この神社には砂のお守りがあって、砂のお守りが欲しいというと出してくれます。3色から選べて、私は白にしました!小さいお守り袋の中にはたっぷりの砂。砂多すぎじゃない!?と思うくらいパンパンに入っていて袋からこぼれそうでした。砂が漏れないように注意しましょう。


日御碕神社から歩いて出雲日御碕灯台方面へ。崖が目当てなので灯台にはのぼらず、日本海と崖を味わいます。どうやってそこまで降りたんだろうと思う釣り人たちが何名かいました。こんな場所で釣りなんて楽しそう。

f:id:miporip:20170126123250j:plain

 

f:id:miporip:20170126123252j:plain

 

f:id:miporip:20170126123248j:plain

 

f:id:miporip:20170126123251j:plain


この辺はうに丼が有名(?)らしいのですが、ネットで調べると賛否両論。お昼の時間を少し過ぎてしまったので人が全然いない…。なんとなくお店に入りにくくあきらめてしまいました。そこで、前日に気まぐれで買ってしまったのどぐろ弁当があったので崖を見ながら食べることに。景色のよいところにベンチがあったのでここに座ってお昼ごはん。ひとりでこんなところで食べていても誰もいないので恥ずかしくない(笑)すごい強風に煽られながらお弁当をいただきました。

 

f:id:miporip:20170126123249j:plain

のどぐろ弁当美味しい!

食べたあとは岩と海をバックに自撮りしてみたり(笑)岩を触ってみたり、周辺を散歩しました。風が強くて寒かったのですが、すごく雰囲気の良い場所で一気に好きになってしまいました。この度で一番印象に残った場所でした。

 

日御碕には「出雲ひのみさきの宿ふじ」というホテルがあるので今度はここに宿泊してみようと決心。行くのは大変だけど、素敵な滞在ができそうです。

 

www.izumohinomisaki.jp


以上、2泊3日出雲の旅でした!

 

今回は電車・バス移動だったので時間が不安でしたが、事前に経路や時刻表を調べていたので、臨機応変に行先を変えたり、乗り遅れたりすることもなく移動できました。車がなくても十分に楽しめたので良かったです。

次は金沢か奄美大島にでも行ってみようかな~。

 

出雲そばに松江の鯛めし!冬のひとり旅

お世話になっているキャピキャピしているネイリストさんのおすすめで出雲大社に行ってみました。このネイリストさん20代前半で三代目 J Soul Brothersが大好きな若さ弾けるギャルっぽい女子なのですが、神社仏閣巡りも大好きという一面も持っていて、いつも旅行話で盛り上がるんです。

 

そのネイリストさんが力強くおすすめしてくれたのが島根の出雲大社をはじめとする神社めぐり。「絶対行った方がいいですよ!」と力強さに、そこまで言うのなら…ということで行ってみることに。

 

f:id:miporip:20170115182851j:plain


鳥取観光!牡丹と鬼太郎、のどぐろ寿司
安いパックのツアーで申込みをして2泊3日の旅です。羽田発のJALで出雲縁結び空港へ!空港到着後にバス・電車が3日間乗り放題の「縁結びパーフェクトチケット」3,000円を購入。(名前が恥ずかしい…そして、残念ながらJRは不可です。)私は免許を持っていないので3,000円でバス電車乗り放題は本当に助かりました。都内と違って乗る距離が長く交通費だけで結構な金額になってしまうので、「縁結びパーフェクトチケット」は買ってよかったです。

 

早速、このパスで空港からバスに乗り、最初の目的地、「由志園」へ。

 

www.yuushien.com


由志園は牡丹がたくさん咲いている日本庭園です。

f:id:miporip:20170115173929j:plain

 

f:id:miporip:20170115173940j:plain

私が行った時は牡丹の見ごろではなかったせいか、人がほとんどいなかったので、ゆっくりのんびり見学することができました。本当はここでお昼ご飯を食べるつもりだったのですが、想定よりも早く見学が終わってしまったので、次の目的地に行くことに。

 

次は、鳥取の境港に行き水木しげる記念館へ!駅から商店街?をトコトコ歩いて記念館に向かいます。商店街にはお土産屋さんがいっぱい。外国人観光客が意外にも多くてびっくり。

f:id:miporip:20170115174132j:plain

 

f:id:miporip:20170115174337j:plain

 

f:id:miporip:20170115174206j:plain



境港駅には鬼太郎のラッピング電車や鬼太郎や妖怪たちも。

f:id:miporip:20170115174357j:plain

 

f:id:miporip:20170115174408j:plain

 

f:id:miporip:20170115174449j:plain

 

 

mizuki.sakaiminato.net

 

お昼ごはんは駅前の回転ずし屋さんでお寿司をいただきました。食べたかったのどぐろもいっぱい食べて大満足!(ホームページは音声が流れるので注意してね。)

 

www.tairyoumaru.com

 

さてさて、バスがなくなってしまうと困るのでここから宿泊する出雲駅のホテルまで戻ります。境港駅からバスで松江駅までいき、ここからJRで出雲市駅に。宿泊したツインリーブスホテル出雲は出雲市駅の目の前なので迷うことなく到着!この時点で結構疲れていたので駅近のホテルにして良かったです。

 

www.ichibata.co.jp


疲れていますが、荷物を置いて出雲名物の出雲そばを食べにいきます。ホテルから歩いて数分のところにある「献上そば 羽根屋」へ。

f:id:miporip:20170115174557j:plain

 

f:id:miporip:20170115174607j:plain

 

kenjosoba-haneya.com

 

ほう、これが出雲そばかと堪能した後は街をぶらぶら。…でも街には人がいない!歩いてない!車だけが行き来している…。寂しいなと思っていたら自転車に乗っているおじいさんに駅の場所を聞かれました。私、今日初めてここに来たんだけどな…と思ったけど、駅への行き方を教えてから、街ぶら再開。でも特に何もなかったので、お店に入ってひとり二次会をすることにしました。

f:id:miporip:20170115174649j:plain

ビールと生ハムをオーダー。

意外にもデザートのレパートリーが凄くてなんでだろうかと思ったら、私と話してくれていた若い男性スタッフさんが製菓の学校に通っていたそう。お腹いっぱいでデザートまでは行けなかったのでいつか食べてみたいです。

 

hitosara.com

 

 

松江城&鯛めしを食べる
2日目も鳥取の松江観光です。

f:id:miporip:20170115184656j:plain

松江城を見学へ!松江城に入るところでチラシを配っていたので何気なくもらったのですが、松江城の観光案内をガイドさんがしますよ~というもので、次の案内がもうすぐはじまるとのことで、せっかくなので申込みをしました。しばし、待機所で待っていると先ほどチラシを配っていた女性が戻ってきて、その方の案内で城内を見学することに。運よくこの時間に申し込んだのが私ひとりだったのでマンツーマンで案内していただけました!ひとりなので、写真もたくさん撮っていただきましたよ。

松江城の知識も何もなく来たのでガイドさんに案内してもらって本当に良かったと思います。(ガイド料も安いのでおすすめですよ)お話しも面白く大満足でした!

 

f:id:miporip:20170115184713j:plain

松平直政が敵の真田幸村から勇敢な戦いぶりを認められてもらった扇。

 

f:id:miporip:20170115184721j:plain

素敵なお椀。思わずパシャリ。

 

www.matsue-tourism.or.jp


さて、今日の夕食は松江にいるので鯛めしに。夕方に「庭園茶寮 みな美」に電話をして空いているか確認して予約しました。ひとりですが、ちょっと敷居が高いお店は事前連絡した方が良いかな??と思って予約しました。(もちろん1人の予約でも大丈夫でした。)松江駅から散歩がてら歩いて「庭園茶寮 みな美」まで。


オーダーは鯛めし御膳「八雲」。前菜・サラダ・魚のから揚げ・鯛めしのコースです。

f:id:miporip:20170115182541j:plain

f:id:miporip:20170115180455j:plain

f:id:miporip:20170115180448j:plain

f:id:miporip:20170115180440j:plain

ゆったりした雰囲気でひとりでもお食事を楽しめました♪

 

[公式ホームページ]島根・松江宍道湖畔 文人ゆかりの宿 皆美館

 

次の日はいよいよ出雲大社です!

 

釜山タワーと空港で冷麺とユッケジャン

こんにちは!

1回目の釜山旅行では行かなかった釜山タワーへ行ってみることに。長いエスカレーターへタワーの下まで楽に行くことができます。この日は中国の人たちの観光バスがいっぱい止まっていました。

 

f:id:miporip:20170115162554j:plain

 

釜山タワーに上るには5000ウォンくらいのチケットを購入。エレベーターで一気に展望台へ。エレベーターのガイドさんは日本語ペラペラの可愛い女性でした。

 

f:id:miporip:20170115162652j:plain

↑こちらが展望台から撮った街の写真です。展望台は空いていてゆっくり写真を撮ることができました。なんか懐かしい雰囲気の展望台でした。

 

さてさて、釜山最後の食事は空港にて。空港には2か所レストランがあります。日本食と韓国料理のお店と韓国料理のお店です。そして、もうすぐハンバーガーのお店がオープンするみたいでした。私たちは韓国料理のお店へ。冷麺とユッケジャンを注文しました。街で食べるよりも高いですが(12000~15000ウォンくらいかな。)仕方ない…。

 

f:id:miporip:20170115163632j:plain

↑こちらが冷麺。冷たくて、コクのあるスープがおいしいです。

 

f:id:miporip:20170115163641j:plain

↑ユッケジャン。ちゃんと辛いです。レストランでお腹を満たしたらいよいよ出国です。釜山の空港はコンパクトで便利なところが良いですね。出国手続き後は免税店の他にセブンイレブンがあるので最後のお土産を入手することができます!水物系も気にしないで帰るのが嬉しい!現金がもうなくてもクレジットカードで購入できますよ。私もお菓子とキムチを買ってしまいました。

 

これで年末の釜山旅行は終了。2017年は6月と9月の航空券を買っています。今から楽しみです!

 

韓国コスメ VDLが好き!釜山旅行の収穫品

こんにちは~。

今回は韓国コスメのご紹介です。一時期は韓国コスメを買い漁ったものですが、その気持ちも収まってきたはずなのですが、やっぱり韓国コスメは欲しくなってしまいます。

 

私がここ1年くらい気になっているブランドがVDLです。韓国コスメの路面店はいろいろあるのですが、もうVDLくらいにしか入らなくなりました。(迷ってしまってつい買ってしまいそうになるので。)今回、VDLで購入したのものは3アイテム。釜山の南浦洞のメインストリートにあるVDLには日本語ペラペラのBAさんがいるのでいろいろと相談にのってもらいました☆

 

◎クッションじゃないメタルクッションファンデーション

VDLには3種類のクッションファンデーションがあります。韓国の人に人気のツヤがあるタイプ。日本人に人気のマットタイプ。そしてカバー力のあるタイプ。私はカバー力のあるタイプを選びました。

f:id:miporip:20170109174935j:plain

 

このファンデーションが面白いのはクッションファンデーションなんですが、クッションの部分がメタル版なんです。メタル版に穴が開いていてそこからファンデーションが出てきます。

f:id:miporip:20170109174947j:plain

 

一般的なクッションファンデーションはこんな↓感じ。(参考品)

f:id:miporip:20170109175002j:plain

こちらはイッツデモで買ったドラえもんバージョンのMISSHAのクッションファンデーションです。可愛くて思わず買ってしまいました。

 

f:id:miporip:20170109175046j:plain

 ↑スポンジからじゅわっとファンデーションが染み出てきます。VDLのBAさんの話しではスポンジタイプよりも量を調整しやすく清潔に使えるとのこと。確かに、1回分がメタル版から出てくるのでいつでもフレッシュですね。

 

◎ピンクパールの下地でツヤ感アップ

クッションファンデーションと一緒にタッチアップしていただいた下地。細かいパールが入っていてツヤと透明感がアップします。

 

f:id:miporip:20170109181053j:plain

 クッションファンデのメタル版に1プッシュ出してファンデーションと混ぜて使う方法も教えていただきました。メタル版だからできる使い方ですね。

 

◎しっかり発色のティントグロス

ルージュシュプリームフルイドグロッシー 503 GINGER MAROON

f:id:miporip:20170109181641j:plain

 

グロスのようですが、しっかり発色するリップです。ティントなので唇に定着して落ちにくい仕様です。色見はBAのいわれるままに、おすすめ色を購入しました。

f:id:miporip:20170109181651j:plain

ピンクでも赤でもないすこしコーラルぽさもあるカワイイ色です。

 

VDLとパントーンのコラボもカワイイので近々また韓国に行かなくては!と思っています。

 

www.vdlcosmetics.com