読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり旅ブログ~Miporipミポリップ~

海外旅行好きOLのブログ。 日本語しかしゃべれないけれど一人旅へ!くいしん坊の牡牛座!

where to go?

OLスーツケーストラベラー世界を巡る

モナコ気分のコスメ!リッチな春の新色

旅はひと休み コスメ

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。この時期はコスメの春の新色が出ててくるのでワクワクしますね♪私も思わず買ってしまいました!それが、Elégance CRUISE(エレガンスクルーズ)のモナコ コレクション。モナコをイメージしたリッチなカラーが素敵なんです!(2017年3月18日発売)

◎春らしい柔らかな色とリッチな煌めきアイシャドウ
アイシャドウの限定カラーは4色あります。私はその内の3色を購入しました。モナコ コレクションのケースは高級感のあるブルー。通常カラーはミントグリーンのケースに入っています。

f:id:miporip:20170320191048j:plain

パッケージも金の箔押しがされていて豪華仕様ですが価格は通常商品と同じ1,800円です。ミントグリーンのケースも可愛いけれど、深いブルーも素敵ですよね。さてさて、限定カラーですが、私が購入したのはX02(アイボリー系)・X04(ゴールド系)・X05(ピンク系)の3つ。この他に濃いブルー系の色があります。

f:id:miporip:20170320191108j:plain

 X05のピンクはもう売り切れている店舗もあるくらい人気のカラー。コーラルぽさもあるので肌なじみのよいピンクで使いやすさは抜群ですね。人気なのも納得。ゴールドは他の色よりもラメが大きめでキラキラします。少しメタリックぽさもあり大人のアイシャドウって感じです。アイボリーは上品な白で、まぶたを明るくしたり、下まぶたにつけるのにぴったり。

 

◎アイシャドウケースもモナコ的なリッチ仕様!

ゴールドのレオパード柄とシルバーのグランジ系?のアイシャドウケースも限定品です。ゴールドはアイシャドウが4色。シルバーは3色入れることができます。コンパクトサイズなので旅行にも便利そう。

f:id:miporip:20170320193223j:plain

マグネット式で入れ替えも簡単。そしてコンパクトサイズながらアイシャドウチップもきちんと入っています。そして、このアイシャドウケースのパッケージも素敵なんです。パッケージもレオパード柄の金箔押しとシルバーのグランジ仕様。パッケージの参考にとっておきたいデザインです。

f:id:miporip:20170320193703j:plain

 

◎リップも宝石のような煌めき

保湿バームとリップカラーがアンティークぽいケースにセットされているリップです。限定色のX01はブルーのパッケージ。

f:id:miporip:20170320193109j:plain

限定色はピンクにゴールドのラメが入っています。どちらもとろけるようなつけ心地で、塗りやすいです。バームだけではツヤが出ないのですが、カラーの方をつけるとツヤがでます。唇につけると色味はほとんど感じず、ラメも控えめだったので使いやすいと思いました。


◎ノベルティも旅気分になれるアイテムがもらえる!
今なら3,500円以上買うともらえるキャンペーンをやっていました。3種類のマグネットとサンディーカラー(チーク)のセット。可愛いトランク風のBOXに入っています!

 

f:id:miporip:20170320191119j:plain


マグネットはイカリ・切手・船の絵柄。そして、サンディーカラーはPK101のミニサイズです。既存のカラーのがお試しできるので嬉しい!このチークは液状なのですが、お肌にのせるとパウダーのようにサラサラした質感になります。薄づきなので好みの濃さになるくらいに重ねづけするとよいみたいです。

 

www.elegance-cosmetics.com

 

コスメでも旅ができる素敵なコレクションでした!モナコ行ってみたくなっちゃたなぁ~。

アジア最大級の上海sephoraでお買い物レポート!

旅の記録 上海 コスメ

上海のsephora(セフォラ)でのお買物レポートです。


アメリカのsephoraのホームページを見てるとワクワクするアイテムがたくさんあるのですが、アジア圏のサイトだと商品が少ない…。やっぱりsephoraを楽しむにはアメリカかパリに行った方がいいなと思いつつ、アジア最大級のsephoraへ行ってきました。

場所は南京西路駅のすぐ近くにあります。建物は4階建てくらいですが、商品が陳列されているのは2階まで。メインは1階のメイクアップの売り場。といってもそんなに広くはなくあっさり見回ることができました。

今回の目当ての化粧品はbenefit(ベネフィット)の毛穴用下地とsephoraオリジナル化粧品です。


◎毛穴対策にベネフィットのザ ポア プロフェッショナル
毛穴用下地として有名なこの下地。日本では正規では売っていないのでなかなか買う機会がなかったのですが、やっと手に入れることができました!普通サイズとミニサイズの2種類があり、私はミニサイズを購入。ちなみに普通サイズ22mLは上海で買うよりもAmazon並行輸入品を買う方が安いみたいです。中国sephora価格310元(約5890円)、ミニサイズは7.5mLで中国sephora価格118元(約2242円)でした。

 

f:id:miporip:20170313215945j:plain

f:id:miporip:20170313215954j:plain

f:id:miporip:20170313220003j:plain

スキンカラーで柔らかいクリーム。肌に伸ばすとすごくサラサラに!この脅威のサラサラ感すごいです。プリマヴィスタの下地でもダメだったのでこの下地ならよさそう♪

 

◎チューブにクッションがついた進化系チーク

sephoraオリジナル商品として推してるのがチューブにクッションがついた商品。Wonderful Cushion Blush。ハイライトもラインアップされているのですが、売り切れの模様。チークも2色しか残っていませんでした…。
 

f:id:miporip:20170313220342j:plain

03 Bubbly Syrup 气泡糖浆

f:id:miporip:20170313220556j:plain

こんな風にチューブの先端にスポンジがついています。

f:id:miporip:20170313220609j:plain

色が出てきました。つけ心地はみずみずしく、透け感のあるやさし色味。乾くとサラサラになります。薄づきなので調整しやすいです。他の色も欲しいなぁ。


◎リップもクッションの波が来た!
チークにつづいて、リップもクッションタイプ。Wonderful Cushion Matte lip cream。チューブの先端に丸いスポンジがついています。パッケージにはリップマークがいっぱいで可愛い。

f:id:miporip:20170313221338j:plain

02 Wonderful coral 珊瑚色

f:id:miporip:20170313221456j:plain

中央の穴からリップがでてきます。

f:id:miporip:20170313221522j:plain

色が出てスポンジにしみています。マットな質感なのでリップケアを事前にするとキレイに色がつきます。かさかさの唇につけると汚く見えるので注意です。

 


◎一時は売り切れも!メイク定着ミスト
MAKE UP FOR EVER(メイクアップフォーエバー)のミスト&フィックスです。恐らくテレビでピカ子さんが使って一時は売り切れになったほどのアイテムです。日本では125mLのサイズしかないのですがこちらではミニサイズ30mLがあったのでお試しとして購入してみました。

f:id:miporip:20170313221741j:plain

汗をかく時期に使いたいお守りのようなミストですね。

 


◎香港のsephoraはどうなの?
日本から近いsephoraは中国なのですが、香港に行く機会の方があるので今度は香港sephoraで購入したいと思います。ただ香港はオンラインショップのみだとか。事前に注文して、宿泊するホテルに届けてもらうのがよさそうです。実物が見れないのはなんとも寂しいのと、品揃えは中国と同じ感じなのであまり期待できないです。でも日本では買えない商品も多いので、一度オンラインショッピングをのぞいてみるのも楽しいですよ。(中国のsephoraよりもサイトが見やすいです。英語だし、中国のは動きが遅くて…)

 

sephora香港のサイト

Sephora Hong Kong 丝芙兰 香港: Buy Makeup, Skincare and Cosmetics

 

世界のsephoraサイト一覧

www.sephora.com

 


※中国元は1元=19円で計算しています。(少し高めの設定にしています)

上海ひとり旅 一番美味しい小龍包を食べに行こう!

旅の記録 上海 グルメ

上海にひとり旅してきました!6年ぶり、4回目の上海です。ひとり旅で行くのは今回が初めてなのでドキドキでした。ひとり旅とグループ旅では同じ場所でも趣が違うのが面白いですね。

f:id:miporip:20170313212354j:plain

 

◎上海弾丸旅の往復のスケジュール!
今回の旅の目的は小龍包を食べること。私的には台湾や香港よりも上海の南翔饅頭店の小龍包が一番おいしいと思っているのでそれを再確認すべく行ってきました。(六本木で食べたらいいじゃんって感じですが…。)

 

▽3/9(木)/往路スケジュール
22:30 
ちょっと早いけど羽田空港へ出発。チェックインは2時間前からとの案内だったけど2時間30前くらいにカウンターが開く。日本人より中国人が多くて荷物の制限でもめてる人多数。チェックインまで思いのほか時間が掛かる。peachのスタッフの方はとても大変そうでした…。


▽3/10(金)
02:10
羽田空港から浦東空港へ。peachのセールで買ったちょっと安い航空券だけど、座席は非常口の窓際。隣の席が2つ空いてて快適!

05:00
浦東空港に到着。市内に行くバスの始発が6:30なのでしばらく待つ。バス亭の場所と時刻表の確認をしようと空港の外に出るものの、空港内に入ろうとすると荷物検査があるので、気軽に出入りできない…。

6:30
始発のバスに乗って市内へ。

7:30
静安寺到着。まずは朝食を食べて、ホテルに荷物を預ける。荷物が軽くなったので街ブラスタートです。

 

▽3/11(土)/復路スケジュール
22:00
市内からタクシーで浦東空港へ。タクシーで1時間くらいで到着。まだチェックインには早いかなと思ったけど、すでにカウンターが開いていたので並ぶ。行きよりもみんな荷物が少ないのでスムーズに進む。(日本に行く中国人が多かった印象。)

 

▽3/12(日)
01:25
浦東空港から羽田空港へ出発。ボーディングタイムが00:55だったけど出国手続きと手荷物検査が終わったのが00:55。これは私がのんびりしていたわけではなく、超超超!出国手続きと手荷物検査に時間がかかったから。1時間30分ひたすら立って待つ。辛かった。

04:55(本当は05:15)
羽田空港へ到着。予定時刻より遅れましたが快適フライトでした。帰りも隣の席が空いていたのでゆったり。


大まかな往復のスケジュールは上記の通りです。4日間使っているので1泊4日なのですが、正味2日間。機内泊が2日もあるので疲れます。そして、今回のフライトはpeachを初めて利用しました!上海に行きたいな~と思っていた時にセールをやっていたので安く航空券を買うことができました。羽田から上海に行くLCCってpeach春秋航空くらいでしょうか。春秋航空はチケット代は安いのですが、燃油サーチャージが別途かかってそれが意外に高いんですよ!この時は合計金額でみたときにpeachの方が安かったのでpeachに決めました。

 

peachの乗り心地レポート!
今回は往復とも非常口付近のスマートシートを予約しました。peachの座席はファーストシート・スマートシート・プレジャーシート・スタンダードシートの4つに分かれています。

 

ファーストシート(2200円) 最前列のシート
スマートシート(1100円) 前方2列目から5列目までと非常口付近の座席(足元が広い)
プレジャーシート(850円) 前方の席と窓側の席
スタンダードシート(600円) その他の席

※料金は国際線をインターネットで予約して、ハッピーピーチで予約した場合。

 

peachはバニラエアと同じくらいの手ごろな価格なので助かりました。香港エクスプレスのスイートシートは3000円と高額なので断念します…。

f:id:miporip:20170313200748j:plain

足元広々で快適。私の場合、平均な身長なので余裕がありすぎるくらいでした。機内では寝ているだけなのですが、このスペースはありがたいです。

 


◎早朝の浦東空港から市内へはバスを利用!

f:id:miporip:20170313201102j:plain


タクシーで行くかリニア&電車で行くか迷って、バスで市内に向かうことにしました。宿泊するホテルの近くのバスターミナルに停まるとのことだったので、始発の時間まで待って乗車。私は飛行機が着いてから時間があったので第2ターミナルから始発の第1ターミナルまで歩きました。料金は22元(22元=約400円)で第2ターミナルで乗ってくるスタッフの人にお支払い。
バスは正直ボロイです。背もたれにもたているだけなのに背もたれが倒れる。もうすぐフラットシートになるんじゃないかと思うほど(焦)

 

f:id:miporip:20170313200928j:plain

 


◎上海で人気の台湾風の朝食を食べる!
さてさて、浦東空港から静安寺近くのシティエアターミナル(上海機場城市航站楼)到着です。ここまで60分くらい。近くの久光百貨にある「桃園眷村」へ。台湾式の朝食がいただける人気店。(店舗は他にもあるみたいです)お店はすごくキレイでおしゃれ。

f:id:miporip:20170313201405j:plain

メニューは難易度高くて壁に書いてあるので、しゃべれないのでどうして良いか困る。そうしたらポストカードサイズのメニューをくれたのでペンでチェックしてオーダー。


私は、豆乳のスープと台湾風おにぎり?を注文しました。番号が渡されるのでテーブルに座って待っていると持ってきてくれます。2つで40元(約760円)安くはないですね。

f:id:miporip:20170313201426j:plain

こちらが豆乳スープ「咸豆浆」豆乳が固まっているところがあるので豆乳&豆腐スープみたいな感じ。中にはノリ・油条・ザーサイみたいなのが入っています。少し酸味を感じます。量もたっぷりあるのでこれだけでも朝食としては十分かも。

 

f:id:miporip:20170313201440j:plain

台湾風のおにぎり「香腸葱蛋飯団」はもち米に台湾ソーセージと油条・卵・ネギが入っています。すごく美味しいというわけではないのですが、好きです♪美味しいです。こんな朝食が食べれるなんて幸せ。

 

さてさて、お腹いっぱいになったところで、リュックを預けるべく、宿泊するホテルへ向かいます。ホテルはエクアトリアル上海(上海国際貴都大飯店)。

※プチ情報:2017年3月から全館禁煙になったそうです。

 

静安寺駅の近くなのですが歩道橋を渡らないといけないので少し不便ですがエスカレーターがあるので辛くはなかったです。ホテルについて、今日チェックインをする旨を伝えてリュックを預けることに成功!良かった。これで身軽になったので町歩きスタートです。


◎アジア最大級のsephoraへ
小龍包の目的の他にsephoraに行きたいというのもありましてホテルから歩いて南京西路にある店舗へ。ただ、事前にネットで調べた限りはアメリカのsephoraとは品揃えが結構違うみたいで、欲しいものが見つかるかな~?というかんじ。アメリカはsephoraのオリジナル商品が豊富ですが上海は少ないみたいです。残念。そして、アジア最大級は期待してたよりも最大ではなかった…。sephoraでの購入品レポートは別記事でご紹介したいと思います。


◎小龍包とカリカリ豚!ジェードガーデン
ランチは香港系のレストラン「翡翠酒家」(ジェードガーデン)で食事です。伊勢丹の入っているビルの梅龍鎮広場にあります。伊勢丹の地下にのフードコートにも入っています。他にも新天地にも店舗があり、ブログでよく見かけるのは新天地店の方みたい。

 

f:id:miporip:20170313201908j:plain

すごく煌びやかな店内。注文は「きゅうりのたたきニンニク和え」(正式なメニュー名が分からない)、「金牌焼肉」「上海小龍包」の3つ。本当は坦々面もと思ったのですがこの店舗にはないらしく断念。

 

f:id:miporip:20170313201923j:plain

日本で食べるキュウリのニンニク和えはニンニクが口の中で主張しすぎていつまでも口の中にニンニクがいることが多いのですが、これはニンニクのくどさがなくスッキリ。

 

f:id:miporip:20170313201943j:plain

カリカリ豚~♪もう本当にカリカリです。お肉の部分はジューシー。なんて幸せなんでしょう。中華圏に行ったら食べたいメニューですね。

 

f:id:miporip:20170313201956j:plain

皮が薄目でお箸で持ち上げるとスープの重さで小龍包が伸びます。たっぷりスープが美味しいです。でも、私は南翔饅頭店が一番好きなのは変わらずでした。

 


◎上海博物館を初見学!
南京西路から人民広場へ地下鉄で移動です。人民広場から上海博物館は近いので公園の中を歩いていきます。公園にはお花が植えられていてキレイでした。

f:id:miporip:20170313202544j:plain

博物館の入り口は2か所。私が入ったのは裏側??だったのか人がいなくてスムーズには入れました。もう一方の入り口は長蛇の列。おそらく観光バスがいっぱい停まっていた側なので団体さんなのかも。

 

f:id:miporip:20170313202808j:plain

展示の方は、特に面白くはなかったので書くことがありません…。日本や香港の博物館は楽しいのでそれに比べると私は退屈な印象でした。

 

民族分布図

f:id:miporip:20170313202641j:plain

 

キレイな色の着物。

f:id:miporip:20170313202600j:plain

無料で入れるので時間つぶしには良いかも。平日でしたが賑わっていましたよ。

 

◎上海のおしゃれスポット新天地&田子坊を歩く
人民広場から地下鉄で黄陂南路駅まで行き、歩いて散策です。黄陂南路駅から新天地・田子坊へは歩いていけますが距離は結構ありました。まずは新天地をぶらぶら。何か面白いオブジェがありました。

 

f:id:miporip:20170313203510j:plain

 

こんな風にライトアップさせるみたいです。

f:id:miporip:20170313203527j:plain

 可愛いかも。

 

なんとなく入ったシッピングセンターにジェードガーデンを発見!ここなら担担面が食べられる!思わずランチのはしごです。先ほどの店舗と違って赤いインテリアが印象的。

f:id:miporip:20170313203629j:plain

食べたばかりだったので「担担面」と大好きな「楊枝甘露」(?)を注文。

 

f:id:miporip:20170313203649j:plain

坦々面は具はなくスープと麺のみの潔い仕様。コクのあるスープは日本ではなかなか出会えない味です。突出して美味しい訳ではないのですが、スープが飲みたくなる~。

 

f:id:miporip:20170313203710j:plain

メニュー名が楊枝甘露かどうかは忘れてしまったのですが、好きなデザートです。もったりした濃いマンゴー味。今まで食べた中でこんなにマンゴー感のあるのは初めて。(今までのはココナッツミルクが多めでもっとさらさらしていました。)タピオカとポメロの果肉の食感がいい感じでした。

 

すでに3食分を食べてしまったので、田子坊まで歩くことにしました。事前調べでは新天地と田子坊は歩いて散策がしながらがおすすめ、みたいなことが書いてあったのですが、普通の街を40分弱歩くのでどうしたものかという感じ。でも歩かないと!と気合を入れて、てくてく歩きました。

f:id:miporip:20170313203824j:plain

 

田子坊は狭い路地にたくさんお店が並んでいるところです。お店は個性的なものもあればあちこちで同じものを売っている店も。雰囲気があって面白い場所でした。

f:id:miporip:20170313204022j:plain

こちらが入口。入口はいっぱいあります。

 

f:id:miporip:20170313204056j:plain

お店で多いのは化粧品(上海女人)とお茶、スカーフかな。私は19元(約360円)のスカーフを購入。もっと買えばよかったかなぁ。

 

ここまで歩いて、さすがに疲れたので最寄駅まで歩いてホテルに戻ることにしました。帰りに朝に食べた桃園眷村に寄ってテイクアウトし、部屋で食べることに。この日は疲れて夕飯を食べに出かける気力がありませんでした…。お休みなさい。

f:id:miporip:20170313204334j:plain

お部屋はキレイで快適!

 

f:id:miporip:20170313204346j:plain

部屋からの景色。夜は車が多くて、遠くにライトアップされた金色の静安寺が見えます。ちなみに、エクアトリアル上海のスリッパとバスローブはフワフワでとっても気持ちよかったです!普通ランクのホテルなのにこのクオリティは素晴らしいです。

 

f:id:miporip:20170313204451j:plain

写真じゃフワフワ感が伝わらないですね…。

 

 

~ここから2日目です~

 

1日目は食べて歩いていただけでしたが、今日も食べて歩くだけの予定(笑)で、夜に日本に帰ります。


◎朝食はエクアトリアルホテルのビッフェ
エクアトリアルホテルの朝食情報があまりなかったので不安でしたが、どんなものかと朝食付きにしました。サラダバー、フルーツ、点心、野菜系のおかず、お粥、麺、チャーハンがありました。残念ながら特に美味しいものはありませんでした。私はサラダ菜にメロンとシロップ漬けの黄桃をメインに食べました。

f:id:miporip:20170314094817j:plain

こちらが試によそってみたおかずです。野菜饅頭にカレーのモモ、油条にインゲンの炒め。どれも微妙な味。これなら桃園眷村に行った方がよかったなぁ。


湖南省の料理を食べてみる
湖南省の料理で人気らしい古意湘味濃へ。静安寺付近には2店舗あって、私は路面店の富民店にしました。もう一軒は久光百貨の上にあります。

 

こちらはお通し。もうすでにテーブルに用意してありました。

f:id:miporip:20170313205055j:plain

中華料理店でよく出てくるナッツとキクラゲの和え物です。このキクラゲは小さく形が揃っていて、唐辛子と香菜が効いていて美味しかったです。(この旅で一番美味しい発見だったかも。)キクラゲが嫌いな私ですが全部食べてしまいました。

 

お店オススメの鶏と山椒の和え物

f:id:miporip:20170313205109j:plain

山椒がほどよくていい感じ。ちなみにメニューには写真がついていて、さらに日本語も書いてあるので選びやすかったですよ。

 

お次は、春菊のサラダ

f:id:miporip:20170313205146j:plain

ここで思わぬ誤算。メニューには写真がついていると書いたのですが、その写真では手のひらサイズのお皿に春菊が盛り付けてあったのですが、実際にきたのはボールのような形のお皿にモリモリの春菊…。誇大表現ならぬ誇小表現でした。

 

そしてメインは「湘西一品大魚頭

f:id:miporip:20170313205205j:plain

ひとりじゃ絶対に食べきれない量ですが、どうしても食べたくて注文。大きいお皿で運ばれてきます。脂ののった白身魚を開いて上に青い唐辛子?みたいなものがのっています。このお店を紹介しているブログではこぞって、これが美味しいと掲載されていました。しかし…私はそれほどでもって感じでした。(残念すぎる)
私の舌が子供舌なのか、この美味しさがいまいち分からず。確かに白身はくせがなく、しっとりでジューシー。タレの味も良し。上の唐辛子の辛さもOK。で、何がだめかといいますと、唐辛子が青いせいかピーマンの独特の風味がするんです。ピーマンが苦手な方ではないのですが、あの苦味ではなくピーマン臭さがしてどうにも箸が進まず。
人の味覚と自分の味覚の違いを改めて知らしめられました。

 

f:id:miporip:20170313205252j:plain

とにかくこのお店で食事できただけでも満足なのでOKです!他に美味しそうなものがたくさんあったので、次回もまた行くとは思います!

 

◎本命の小龍包「南翔饅頭店」を食べる!
六本木に行けば食べれるじゃん!っというツッコミな無しにして私は「南翔」の小龍包が大好き。小学生のころに上海で初めて小龍包を食べて大感激したのが豫園にある「南翔」。そして、生姜ってこんなに美味しいだと気づいた瞬間でした。この時は、日本にはなぜ餃子ばかりで小龍包がないのかと子供ながらに思ったものです。(このころは餃子が好きじゃなかったので)それが今では小龍包が気軽に食べられるようになりましたね。しかし、美味しい小龍包ってほとんどなくて…日本では小龍包はほぼ食べなくなってしました。

 

今回は豫園ではなく、ホテルに近い南京西路にある支店(店)に行くことに。このお店はファミレスみたいな感じで気軽に入れます。豫園に行く時間がなかったのでここにしましたが、時間がある方はちゃんと豫園で食べてくださいね。

 

なんとなく、メニューにあった蟹粉セット豚肉の小龍包を注文。蟹粉セットは野菜の小鉢に蟹粉の春巻き、蟹粉の雲呑の3点です。正直、蟹の風味がしなくて失敗でした。

f:id:miporip:20170313205733j:plain

大きい貝割れ?の小鉢。

 

f:id:miporip:20170313205814j:plain

蟹粉入りの雲吞です。蟹の味はしません…。

 

f:id:miporip:20170313205905j:plain

蟹粉入りの春巻き。こちらも蟹の味はせず…。

 

そして、こちらが小龍包!これこれー♪

f:id:miporip:20170313205948j:plain

皮をぷちっと破る食感、そこから出るスープの味。やっぱりこの小龍包が私のNO.1です。このスープの味は他にないんですよね~。やっぱし美味しいと再確認完了。もっといっぱい食べたいですが、お腹的に無理なので今回は1蒸篭で終了。次回は3蒸篭は食べたい!


◎上海自然博物館で童心に
またもや博物館です。昨日行った博物館とは違って子供が楽しめる博物館。入場料は30元(約570円)安いです。土曜日の午後だったので子供が多かったですが、館内は広いのでそんなに混雑している感じはしませんでした。(確か、博物館の前に現在の入場者数が表示されていて3500人くらいだった気がします。)

f:id:miporip:20170313210543j:plain

f:id:miporip:20170313210836j:plain

 

メインの展示は、恐竜・マンモス・くじら・クラゲなどの大型生たち!

f:id:miporip:20170313210611j:plain

f:id:miporip:20170313210644j:plain

天井にもつるされています。鹿・オオカミもいます。

f:id:miporip:20170313210727j:plain

f:id:miporip:20170313210742j:plain

なかなかの迫力です。他には、古代の生物のこと、鉱物や蝶や貝の展示などもキレイで面白かったです。一度行ってみるのをおすすめしたいスポットです。

 

自然博物館の前の公園にも広くてチューリップがキレイに咲いていました。上海は公園の整備に力を入れているのか、お花がキレイに植えてあるところが多かったです。きちんと整備していますって気持ちが伝わってきます。

f:id:miporip:20170313210808j:plain

ここから歩いてペニンシュラホテルをめざします。歩いて50分くらい。目的はクッキーを買うこと。しかし、頑張って歩いたのですが香港のペニンシュラと違いクッキーの種類が1つしかなく、それも10枚くらいで150元(約2850円)高すぎて買うのやめました…(しょぼん)


その後、たまたま通りがかった大丸百貨の地下のパン屋さんでクッキーを2種類購入。チーズペパー味とアーモンドスライスがのったタルト風クッキーの2つで44元(約836円)。タルト風クッキーはミルク味が濃くて思わぬ美味しさでした!

 

◎京劇鑑賞。言葉が分からなくてもヨシ!

f:id:miporip:20170313211435j:plain


一度、台湾でみて面白いなぁと思ったので上海でも京劇鑑賞してみることに。人民広場近くの「上海天蟾逸夫舞台」で昨日、窓口でチケットを買っていたのでスムーズに入場できました。料金は座席によって違います。この時は5種類くらいあって私は真ん中の180元(3420円)の席。(演目によって変わるみたいです)

 

f:id:miporip:20170313211404j:plain

 

 演目が何だか分からずに行ったのですが、始まるとあのゴキブリの触覚みたいなのをつけてる人物が…これでこの人は呂布だなと理解する私。(三國無双やっててよかったです)そうして、どうも呂布は女性に一目ぼれしたらしいのです。ここで連環の計の話しだと分かりました!なんとなく知ってる話で良かったです。この演目では、ロミオとジュリエット的なラブストーリーがメインで呂布貂蝉への気持ちを中心に進んでいるようでした。なので呂布董卓の戦いはそんなになかったです。ちょっとそこは残念かな。

f:id:miporip:20170313211530j:plain

約2時間の上演でした。さて、ここからタクシーで空港まで向かいます。

 

市内から空港までは180元~200元と事前情報があったので、タクシーに乗って空港へ。しかし!かかった金額は300元!!やばい、お金が足りない…お財布には280元くらいしかなく、運転手の方にこれしかないと言ってサービスしてもらいました。(申し訳ない…)たぶんぼったくられたわけではないと思います。私も地図アプリをみて遠回りしてないかどうかは確認したので。深夜料金がかかったとしても少しだし…。サービスしてもらえてよかったです。さすがに300元は高すぎるので次回からはバスか電車を利用しようと思います。

 

浦東空港に23:15分くらいに到着して、peachのカウンターへ。チェックインを済ませて出国審査場へ。ここから00:55まで約1時間30分ひたすら並び続けました。(辛すぎる~)
出国する人数に対して空いてる窓口が少なくてみんなじーっと待っています。出国審査を終えても手荷物検査場も3つしか空いていないので、とにかく立って待っているいるしかない状態。旅の最後の最後に過酷な試練が待っているとは。空港スタッフは無表情で、急いでいる人にも並んでくださいと無下に言うだけ。もうちょっとなんとかしてよ!って思いますが、こればかりは仕方ない。

ボーディングタイムの00:55に手荷物検査を終えることができ、飛行機には間に合いました。01:25の出発からは少し遅れて浦東空港を離陸。羽田空港には20分位遅れて到着しました。浦東空港での出国審査に時間がかかったので羽田でもまた並ぶの嫌だなぁと思ったのですが、列はなく、あっと言う間に入国できました。

 

バスの始発の時間まで少しまって、無事に家に到着。これで1泊4日の上海ひとり旅終了です。

 

今回の旅で上海の街の様子は分かったので次回はもっと深いところに行ってみたいと思います。そうしたらもっと安くて美味しいものに出会えるかも!

 

※今回の記事中の円換算は1元=19円でおこなっています。このときの両替の相場が18.40~18.70くらいだったので切り上げて19円にしています。

ネイルの神!?hana4さんのワークショップに行ってきました

旅はひと休み ネイル クラフト

ネイリストhana4さんのワークショップに参加してきました。あの情熱大陸でも特集されたネイリストさんです。ネイリストの中でも別格の存在です。
一方、私は爪の長さを整えるのもネイルサロンにいくほど不器用で、自分でマニュキュアをちまちま塗っているので、こんなトップネイリストさんとは関わりができるはずもないのですが、今回はクラフトのワークショップということで参加できました!ネイルのワークショップじゃ私には敷居が高すぎて無理だったので良かったです。

 

◎どんなワークショップだった?
ワークショップのテーマがウエディングのメモリアルボックス。メモリアルボックスをジェルネイルで装飾・デザインを描くというものです。最初の告知ではこれから結婚式をする花嫁さん向けの案内だったので、私なんかが参加できないよな~と思っていたのですが、友達に作ってあげたいとか、そんなのでも良さそうな雰囲気になったので申込みをすることに。正直、メモリアルボックスてなんだ?って感じでした。

場所は中目黒。ウエディングイベントの一角で行われました。参加人数は14名限定とのことだったので小人数でした。

まずは、プラスチックの容器のフタの裏側にジェルネイルで着色していきます。タイダイにしたり、ドットにしたり、グラデにしたりみんな自由に。
その後、自分の好みの色を選んで着色していきます。使用したジェルはグランジェ。マニュキュアのようにキャップに筆が付いているので広範囲が塗りやすいです。

f:id:miporip:20170307115327j:plain

私の塗ったやつはこんな感じです。ジェルネイル初めて触ったよ~。何度か重ねて塗ってからトップコートで仕上げます。

f:id:miporip:20170307115338j:plain

 

その後、フタの表にジェルでレースを描いていきます。(レースじゃなくても可)間近にhana4さんのワークを見れることがないので感激。繊細なレースがスルスルと描かれていきます。私も良し!やるぞと思ったのですが、さすが初心者、全然上手く描けませんでした…。


こちらのレースに使用したジェルはレイジェルのアイシングジェル。固めのテクスチャーでぷっくりした仕上がりになります。(クッキーであるアイシングと同じ感じです)ぷっくり盛り上がるのでレース感がより引き立ちます。

 

繊細な作業だったので最後の方は疲れてしまいました…。でも約3時間のワークショップはあっという間でした。こちらがみんなの作品です。みなさんすごくお上手です!

f:id:miporip:20170307115351j:plain


◎hana4さんのネイルサンプル&ネイル施術の相談も
会場にはhana4さんの作品もあり、撮影させていただきました。すごく繊細なアートでほれぼれ。こんな風に描けたらいいな~。

 

f:id:miporip:20170307115410j:plain

ワークショップ参加者限定でネイルの予約も受け付けてくださるそうなので、ぜひ一度はお願いしたい!と切望。でもとてもお忙しいようです。

 

ネイル初心者でもなんとかなったジェルネイルを使ったクラフトのワークショップでした。次回もクラフトのワークショップがあったら参加したいと思います。…その前にレースの描き方を練習しなきゃ!

 

絶品インド料理!カマルプールin木場

旅はひと休み 東京 グルメ

木場にあるインド料理レストラン「カマルプール」再訪してきました!いや~、テイクアウトは何度かしていたのですがお店で食べるのは久しぶり。3日前にダメもとで予約の電話したら2名ならOKと言われました。ラッキー★

 

◎インド料理で鯵や鰤を味わう!

まずはビールで乾杯!鯵のなめろうタンドール料理を注文。インド料理で鯵のなめろう??って思いますよね。私もなんだか分からず、鯵が好きなので注文してみたところ…しっかりインド風のなめろうが出てきました。

f:id:miporip:20170307113854j:plain

見た目には鯵が見えないのですが、スパイスで和えている鯵です。複雑なスパイスに鯵が合っていてびっくり。くせになる味でビールが美味しい!


お次は、タンドール料理。定番のメニューもあるのですが、楽しみなのは季節の魚のタンドール料理なんです。前回は秋に行ったので秋刀魚のタンドールでした。今回は鰤のタンドール!鰤大好きなんですごく嬉しい~。秋刀魚の時は1匹まるっと焼いたものが出てきたのですが、鰤はから揚げくらいのサイズにカットされて出てきました。

f:id:miporip:20170307114353j:plain

鰤にほどよく脂がのっていて、パサつかず美味しい。鰤はクセが無いのでスパイスの味をしっかり楽しめる感じでした。

 

◎エビはスパイシー独特の風味&ラムは臭みゼロ!
カレーを食べる前にもう少し食べたいということで、エビのアチャールを注文。実は先輩がこお味がダメでエビ1匹でリタイア。残りは全部私がいただくことに。エビのアチャール…今まで食べたことない味。酸っぱくて、変な感じ…。だけど好きかも。味は説明しがたいんですが、マスタードのコクは取り除いて、酸味と風味をきつくした感じ?というのか、なんとも言えない味なんです。そして辛い。

f:id:miporip:20170307114022j:plain

なんとも刺激的なお味!

 

お次は、ラムのタンドール。王様のラムとラムのクミン焼きの2種類があるのでどっちにしようか悩んでいたらお店の方がミックスもありますよとアドバイスをいただき、ミックスにすることに。手元の定番メニューには記載がなかったのですが、壁に貼ってあるメニューにはミックスがありました。

f:id:miporip:20170307114041j:plain

手前の黒っぽい方がクミン焼きで、奥の白っぽいのが王様のラムです。クミン焼きはレアな焼き加減でナイフで切るのが少し力がいりましたが、口の中にいれるとスジっぽさもなくスーッといなくなってしまいます。次に、王様のラムはジューシーな感じで本当にラムなのか!鶏肉じゃないのか!って思うくらいクセが無くパクパク食べられます。どちらも捨てがたく美味しかったのでミックスにして正解でした。

 

そして、このあたりでラッシーハイを注文。普段は甘いお酒は食事中に飲まないのですが、カマルプールでは美味しいので飲んでしまいます。特に季節限定のラッシーハイがすばらしいんです。前回は巨峰がごろごろ入った巨峰ラッシーハイで、今回は生苺のラッシーハイ。もう小学生でもグビグビ飲めるんじゃないかってほどアルコール感がないのですが、結構アルコール強めだと思います…。飲み過ぎ注意!(お子様と一緒に行く場合はお子様が飲まないように注意してくださいね。見た目もおいしそうなので手を出してしまうかもしれませんよ。)

 

◎私のナンバー1♪ラムミントカレー

いよいよメインディッシュのカレーです。もちろん注文するのはラムミントカレーにゴルゴンゾーラクルチャ。

f:id:miporip:20170307114120j:plain

この2つが最高の味で最高の組み合わせです!テイクアウトでもこの組合せで買ってしまいます。ゴルゴンゾーラクルチャは中にチーズと少しはちみつが入っています。そしてラムミントカレーは臭みがなくマイルド。何度食べても飽きません。

 

もちろんお土産も購入。ラムミントカレーと牡蠣の白カレーにチーズクルチャ。お土産含めてひとり8,000円(お土産代が約3,000円)…。お土産を買ったので結構いい値段になってしまいましたが、仕方ない。美味しいんだもん。


今度は暑くなる前に行こうと思います~。

 

r.gnavi.co.jp

旅の達人から学ぶ旅支度 持っていくべき物教えます!

旅はひと休み 東京

旅に行きたくなる話しを聞いてきました!私の備忘録も兼ねて書いていきます。

先日、ひとりっぷで有名な元シュプール編集長 福井さんのトークイベントに行ってきました。チケットは即完くらいの勢いで売り切れ、立見席も追加で発売されるほどの人気イベント。トークタイトルは「ひとりっぷの必需品全部見せます!究極的旅支度解体新書~アナトミア~LIVE!」…なんかすごいタイトルですね。人の旅行の荷物って見ることはなかなかないので貴重な機会でした。

 

◎下北沢の本屋さんでトークショー
会場は下北沢にある本屋B&B。始まるのが20時からだったので近くのすぱじろうでパスタを食べてから会場に。私の前には4名ほど並んでいました。開場されるとまずはドリンクをオーダー。チケット2,000円に500円分のドリンク料金が含まれています。そそくさと注文し、席へ。席は小さい丸椅子がギュウギュウに並んでいたので、見やすい前の方に着席。こんな狭いところにみんな座るだけでも大変…。図書館の一角で行われる絵本の読み聞かせを待つ園児の気分。

f:id:miporip:20170307121128p:plain

 

◎旅にはどんなラゲージが良いの??
さてさて、20時過ぎにトークショースタートです。まずは福井さん愛用のラゲージが登場。イーグルクリークの102Lサイズ。がっしりワイルドなラゲージなので女性向きではない感じがしましたが、一般的な102L入るスーツケースよりも小ぶりな印象。女性でもおかしくないかもと思いました。私も新しくハードケースじゃない旅行用バッグが欲しかったので、このバックを候補にしたいと思いました。ただ、40,000円はちょっと高いかも。悩むなぁ。

ORV トランク 30/ | Eaglecreek(イーグルクリーク)公式ブランドサイト by エイアンドエフ

 

福井さんがそんな大きいラゲージを持っていくのも香港ではオーガニックの食料品を大量に買うからだそう。豆乳やスープなど液体物も多いようです。日本にはオーガニック食品は少ないので香港で買い求めるっていうのは分かるかも。香港はアジアの中ではアメリカやイギリスの食料品の取り扱いが多いので身近に調達できるいい場所みたいです。(台湾や上海は日本の食品が多い印象。)

福井さんオススメの豆乳はWaitrose。イギリスのオーガニック食品のブランドみたいです。私はオーガニックに疎いので初耳のブランドでした。次回香港に行った時はスーパーでWaitrose探してみたいと思います。

 

◎旅の携帯品でおすすめは何?
福井さんのお話しを聞いていて感じたのは、荷物が多い!ということ。ご本人も小荷物派ではないとおっしゃっていましたが、すごく荷物が多いです。私にはちょっと全部真似するのは無理かもと思ったので、私がお話しの中で良さそうと思ったものをピックアップしてご紹介します。

 

・ウルトラライトバッグ(エコバッグ)
すごく軽くて、小さくなるエコバッグです。登山用品のモンベルで買ったと仰っていたのですが、モンベルのサイトを見てみましたが同じものは今はないのかも。しかし、他社で似たような紙のように薄いエコバッグが売っていました。ただ、登山用グッズからの派生商品なので価格は高い…。物を入れるバッグが重い(重量を割く)のは確かにもったいない。ほんの少しの差なんですけどね。

 

・S字フック
トイレに荷物掛けがないところってあるんですよね…。日本だとほぼないので油断してると海外に行った時に困った!と思うことも。ひとり旅なので誰にも預けられないし。そんなときS字フックが便利だそう。私も早速、購入しました。

 

iphoneのコードの予備
短い旅行で予備だなんて!と思うのですが、私がブータンにいった時、移動中にiphoneを充電バッテリーに繋いでも充電ができないのでバッテリーが故障した!ガーンどうしよう…と思ってしょんぼりしたのですが、ホテルに戻って他のコードで繋いでみたら充電ができたんです。コードがダメになっただけでバッテリーは正常でした。このときたまたまコードをもう1本もっていたので助かりました。今回、福井さんのお話しを聞いてiphoneのコードの大切さを再確認しました。

 

・プラスチックのTASロック錠
荷物につける鍵も軽量化ということでプラスチック製を選んでいるそうです。たまになくなってしまうこともあるようなので、予備をいくつか持っていると良いとのことでした。思ったよりも価格が安かったので私もいくつか買うことにしました。(500円以内では買えそうです)

 

・ネームタグ(名前が隠せるタイプ)
スーツケースへのネームタグはつけるつけないで色々メリット・デメリットがあるのですが、福井さんはネームタグはつける派。ただし、記載事項が隠せるネームタグを愛用していると仰っていたので、そうか!これなら私のモヤモヤしていた不安感は解消される!さっそく購入することにしました。(でも隠せるタイプってなかなかないですよね…。)

 


◎旅の荷物は人それぞれ。自分に合ったものを探して
上記の他にも文房具セット・洗濯セット・アロマディフューザー・スキンケアアイテム多数…とすごくたくさんのグッズを紹介していただき、盛りだくさんの内容で充実したトークイベントでした。

今回のお話しを聞いてみて気づいたことは、旅の持ち物にもそれぞれの優先順位が違うんだということ。旅慣れた人の話しを聞いて真似しても自分にはしっくりこない物もあると思います。旅の荷物も自分の体験を通して自分なりに作り上げていくものなんだと思いました。

 

次の旅は、今週末の上海です。
自分なりの荷造りしていこうと思います!

キャラメルとチョコレートの幸せな組み合わせ♪

旅はひと休み お菓子 東京

先月のバレンタインデーはいかがでしたか?私は日頃の感謝をこめて会社の社長にフォルクスワーゲンの可愛いミニカー付きのチョコレートをプレゼントしました。バレンタインデーウィークはデパートが激混みで買うのも一苦労。こんなに大変なんだから自分にも欲しくなってしまい、チョコを購入してしまいました!

 

◎可愛いフクロウのBOX入り

数あるチョコレートの中で目を引いたのが赤いフクロウのBOX。「ル・ボヌール芦屋のキャラッセルチョコレート」です。本のようなBOXなのがさらに可愛いんです。

f:id:miporip:20170227210044j:plain

 

側面は本の背表紙のようで本格的なデザインです。

f:id:miporip:20170227210158j:plain

 

中にはビターとミルクのチョコレートが4つ入っています。

f:id:miporip:20170227210257j:plain

製品の説明は公式サイトより引用

パリキャラメルの原点、神髄ともいえるキャラメルをトロリとしたリキッド状にし、上質なチョコレートの中に閉じ込めた逸品キャラッセ

AOP認証発酵バターを100%使用したリキッドキャラメルには、甘みを際立たせる隠し味として微量の天日塩含まれています。

上質なアフリカ産カカオを使用したチョコレートはホロリと苦味の効いたビタータイプ(カカオ70%)と、マイルドなミルクタイプ(カカオ42%、ミルク38%)の2種類ございます。

shop.lebonheur-jpn.com

 

f:id:miporip:20170227211111j:plain

舌触りのよいすごく柔らかいキャラメルがたっぷり入っていて、周りのチョコレートのパリッとした感じが美味しい~♪ビターの方がキャラメルの甘さとの差があるので複雑な味わいに。ミルクは甘いチョコレートで濃厚な味。んん~幸せです♪バレンタインデーでもないとこんな購入チョコレート買うことなかったので、よい出会いにありました!

 

 

www.lebonheur-jpn.com