ひとり旅ブログ~miporipミポリップ~

海外旅行好きOLのブログ。 日本語しかしゃべれないけれど一人旅へ!くいしん坊の牡牛座!

where to go?

OLスーツケーストラベラー世界を巡る

釜山ひとり旅。おいしいひとりグルメ情報

釜山2日目。昨日の夜はたらふく食べたので、朝はゆっくり。お昼少し前に西面のロッテデパートでぶらぶ らしてからランチを食べることに。ランチはロッテデパートの裏手にあるシントブリでポッサ ムを食べようと決めていたのですが、なぜか断られてしまい…どうしようかと絶望。なんで入れなかったのだろう。一人だからかな…(悲)

 

◎大人になって古漬けのキムチに目覚める!

気持ちを切り替えて、キムチチムのお店(ハノッチッ)に向かうことにしました。キムチチムは 古漬けのキムチと豚肉を煮たものです。ポッサムの代わりとしては近しい感じで良いのではないかと。

 

お店にはカップルと男子3名しかいなくてゆったりとした雰囲気。きれいなカフェぽい内装です。メニューは韓国語のみなので、一番上の8000ウォンのやつを注文。(たぶんこれだよね…ビクビク)そしたら、すぐに運ばれてきました。やったー!あってたよー!

 

f:id:miporip:20170628150955j:plain

 

こちらがキムチチム。豚肉がゴロン、キムチがドン!丸のままなのでテーブルにあるハサミでカットして食べやすくします。ハサミ慣れしていないので不器用な手つきですが、なんとか食べやすくできました。豚肉にはほどよく脂があって、キムチでスッキリ。キムチ煮ですが、そんなに辛くないので食べやすいです。ごはんもどんどん進みます。

 

f:id:miporip:20170628151018j:plain

 

こちらがおかず。海苔・豆もやし・大根の細切りキムチ・チャプェ。おかずでチャプチェが出てくるなんて嬉しすぎー!ちょっと色が濃いのでしょっぱいかもと思ったのですが、そんなことはなく、味は丁度良く、もちもちした食感が美味しい。もっと食べたかったなぁ~。値段も手ごろで、お店はキレイ、一人で入りやすいのでおすすめです。

 
◎若者に大人気のお店で牛ユッケを食べる

お次のお店はハノッチッの近くにある牛のお店(ヨコナム)へ。あ、ちなみに食べてすぐじゃな いですよ。4時間くらい南浦洞で買い物してました…。夕方の早い時間なのに若者がいっぱいです。牛ユッケがのった冷汁みたいなのを注文。日本では食べられなくなってしまったユッケ。ワクワク♪

 

f:id:miporip:20170628151529j:plain

 

ユッケは美味しいけど、どうも冷えすぎていて(かき氷状のスープ)ごはんや麺を入れてもあまり美味しくない…。ユッケだけで良かったかも。おかずはなかなか凝っていて美味しかったです。

 

f:id:miporip:20170628151549j:plain

 

特に牛を少し甘く煮たおかずが美味しかった~。スープはコンロにのってくるのでグツグツアツアツがいただけます。

 

f:id:miporip:20170628151640j:plain


◎名物デジクッパ通りで豚スープを満喫

さてさて、この日の夕食のメインはデジクッパです。デジクッパ通りに行って適当にお店に入りました。お店のテレビには野球中継が流れていて、なんか言葉は全然分からないのに懐かしい感じ。(昭和感とでもいいましょうか)

 

f:id:miporip:20170628151854j:plain

 

おかずと言うより、薬味と調味料って感じのものがサーブされます。ニラ・味噌・キムチ・アミの塩辛 。あとは、写真にはありませんが、生唐辛子に生ニンニクがサーブされています。

 

f:id:miporip:20170628151910j:plain

 

はい、こちらがデジクッパ。(ごはんを別にしたのでタロクッパ)スプーンには赤い味噌がたっぷり。私はすべて混ぜてしまいました。辛くはなかったですよ。

 

f:id:miporip:20170628151938j:plain

 

豚肉たっぷり、スープもたっぷりで、スープまで完食するのは結構大変かも。でも少しでもこの雰囲気の中にいたかったので、お腹いっぱい…でもスープをすすりました。ふーう。

 

今日も食べてしまった~~~♪大満足でホテルに帰ります。

 

 

<おまけのスイーツ情報>

f:id:miporip:20170628152123j:plain

ホテルからロッテデパートにいく途中で見つけたジュース屋さんで購入。フレッシュいちごを使った大容量イチゴミルクです。このサイズで700円くらいだったかなぁ。少し甘めな味ですが、イチゴたっぷりで美味しいです。他にもブルーベリー味もありました。また今度行こう~。

 

釜山ひとりで満腹旅

6月の金曜日にお休みをもらって2泊3日、ひとりで釜山に行ってきました!韓国にはもう何回も行っていますが、ひとりで行くのは今回が初めて。ひとり旅が多い私ですが、韓国はそんなに自分から行きたいと思ったことがなかったので、今回はちょっと緊張ぎみ…。

 

f:id:miporip:20170627164229j:plain

 

◎成田空港が近くなった!?1000円バスってありがたい

銀座駅から1000円バスに乗って成田空港第一ターミナルへ。なぜか、私が乗ったバスだけが予約の枠が埋まる人気の時間帯。前後の時間は予約は全然なかったのに、不思議なものです。そうそう、1000円バスができて本当に成田空港が近くなりました。近くなったとはいっても時間的なことではなく金額面で。私の自宅からだとスカイライナーに乗った方が時間的には早く着くのですが、なんせ料金が高い…。しかし、1000円バスなら最寄駅からの交通費も含めても断然安い!!ほぼ半額です。旅行でお金を使うのでこういうところは節約したいんですよね~。(交通費にうるさい)


バスは時間通りに成田空港についたので、荷物をカウンターで預けて、ランチへ!ランチは天丼!一週間前から天丼を食べるぞと意気込んでおりました。(ここでちょっと贅沢をする)「菜の里」という和食屋さんに入り、天丼注文~~~♪混雑していたせいか、なかなかこなくて、ちゃんと注文が入っているか不安になったのですが、20分以上かかってでサーブされました。時間がかかるのもきちんと揚げている証拠かしら。

 

サクサクの天丼を満喫して満腹に。天丼てたまに食べると美味しいんですよね~。

 

のんびりし過ぎたので、そそくさとイミグレーションを通過して免税店へ行きます。免税店のお話は別記事でアップしますね!

 

この日のエアプサンはほぼ定刻通りに出発。よかった、よかった。機内食で出た海鮮チャーハンを思わず完食…。おいおい、さっき天丼食べたじゃんよ…と自分にツッコミながら機内ライフをエンジョイしました。

 

◎釜山に到着したら何乗る?バスが安くて良し!

さてさて、金海空港に到着です。荷物を受け取って、バスで市内に向かいます。2番のりばが市内へ行くバスがとまるところ。ただ、2番のりばには行先が違うバスが停車するので、間違わないように注意が必要です。私は西面(ソミョン)にいくので南浦洞方面のバスを待ちます。他に海雲台方面行きのバスもあります。どっちのバスが来たのかは車体を見れば分かります。漢字で書いてありますよ。私も空港からバスに乗るのは初めてだったので分かるか不安でしたが大丈夫でした。料金は6000ウォン。乗車時に運転手さんに渡します。チケットを買う必要がないので楽です。私は10000ウォンしか持っていなかったのでおつりをくれるか不安だったのですが、前の人が細かく出していたのでちゃんとおつりがもらえました!(よかった~)

 

バスの椅子はかなりゆったりしているので快適です。ただ、道がボコボコしているみたいで結構ゆれます…。乗り物酔いしやすい私は少し気持ち悪くなってしまいました。(ガーン)

 

私がバスに乗った時は南浦洞に行く人が多く、途中で降りる人がほとんどいませんでした。バス停にはいちいち停車しないので、どんどん飛ばします。私は南浦洞よりも手前の西面のソラリアホテルのバス停で降りたかったので、グーグルマップとコネストの地図を確認しながら、バス停近くになったら前まで行き、運転手さんに「ソラリアホテル!」と言って止めてもらいました。バスの中で優雅に寝ていられないですね…。グーグルマップとコネストの地図のおかげで無事に、西鉄ソラリアホテルに到着です。


◎キレイな日系ホテル「西鉄ソラリアホテル」

なぜ、西鉄ソラリアホテルを選んだかといいますと…

1、空港バスのりばの近くであること
2、地下鉄の駅から近いこと
3、夜遅くまで営業している飲食店があること
4、キレイなこと
5、値段が手ごろなこと


以上の5つの条件満たしたのが、西鉄ソラリアホテルでした。ホテルに日本語が話せるスタッフがいることは条件ではなかったのですが、たまたま日系ホテルだったので日本人スタッフの方がいて安心感がありました。(チェックイン時しかお話ししていないのですが…。)

ソラリア西鉄ホテル釜山

 


◎大好きなケミチプでひとり飯

西面のケミチプは24時間営業なんです!うれしいです!!
って、ケミチプって何よって方に簡単に申し上げますと<汁の少ない辛いタコ鍋>ナクチポックンのお店です。…伝わったかな??平たい鍋にタコが入っていてグツグツ煮て、ごはんと一緒にいただきます。タコだけでなくホルモンやエビもお好みで入れることができます。私はタコ&ホルモンの組わせが多いです。鍋が出来上がるまでお店の人がやってくれるし、ただ待っているだけでOKなのも嬉しいです。

 

f:id:miporip:20170627164256j:plain

 

鍋料理ですがひとりでもOK。…ひとりで来ている人はいませんでしたが。気軽な感じなのでトライしてみてください。本当美味しいし安い!ビールにも合うよ。

 

◎フライドチキンとジュースでひとり乾杯

クチポックンを食べた後は、近くのハンバー屋さん(MOM’S THOCH)でフライドチキンをテイクアウトして、コンビニでジュースを買ってホテルに戻ります。食べたばかりですが、まだ食べますよ。

f:id:miporip:20170627164313j:plain

 

まず、フライドチキンはニンニク味。ニンニクチップがいっぱーい♪部位によってジューシー感にバラつきがあるので、良さそうな部位を選んで食べました。(ケンタッキーと同じでパサついた部分も入っています。)

 

f:id:miporip:20170627164329j:plain


ジュースはHAPPY LEMONが出しているやつ。レモンちゃんマークが可愛い。ウーロン茶と金柑フレーバーティーです。なかなか変わっていますね~。甘さ控えめで美味しい!

 

f:id:miporip:20170627164340j:plain

このときは3本買ったら1本無料のキャンペーン中でした。海外ってこういう2+1キャンペーンがあっていいですよね~。


フライドチキンはボリュームがあったのでさすがに食べきれず、途中であきらめました。ここのチキンは種類が多いので他のフレーバーも食べてみたいなぁ。

 

韓国はひとり飯文化がないので、なかなか行きにくいとネットでは聞いていましたが、なんとか大丈夫そうでした。次の日も張り切って食べることにします♪

 

ひとり海外旅行に迷っている方へのアドバイス

こんにちは。最近はSEO関連のセミナーにいったり、明治神宮に御祈願に行ったり、新しい習い事をはじめたりと新年度らしい?過ごし方をしております。さてさて、今回はひとり海外旅行をしたいけど、どこに行ったら良いのか分からないそんな方に日本から近いおすすめの国をご紹介します。日本から近い国というと、あの国とこの国と…というとありきたりになってしまいますが、初めての方には定番の旅行先も大切だと思うので定番の国と、自信をつけるためにちょっとチャレンジできるスポットも合せてご紹介します。

 

f:id:miporip:20170628235603j:plain

※こんな記事を書こうかなと考えていたときにてるみくらぶのニュースがあって、びっくりしました。旅行先でのトラブルばかり考えてしまいますが、まさか旅行に行く前にこんなトラブルがあるなんて信じられないですよね…。

 

◎ひとり海外旅行に踏み出せない理由って?
旅先をご紹介する前に、ひとり海外旅行に一歩を踏み出せない理由はいろいろあるかと思います。主に私が思う不安な点をまとめてみました。

 

①言葉がしゃべれない、分からない
②治安が不安
③地理が分からない
④移動手段が不安(地下鉄の乗り方・タクシー・バス)
⑤ひとりだと寂しい

 

ざっくり5つくらいかなと思います。まずはこの不安を少しでも取り除ければと思い、私の経験談からお話しします。

 

①言葉がしゃべれない、分からない
私は英語はほぼ単語でしかしゃべれないですが、どうにかなっています。もし文章で話したい場合はグーグル翻訳で調べます。(しゃべる前にちゃんと練習もします。笑。)あとは書く。メモ帳に書いておいて指をさします。大体これでOK。会話はできないけど不便に感じることはないです。

 

②治安が不安
一般的な国なら夜に人通りのないところに出歩かないとか、路地にはいかないとかを注意すればだいたいは大丈夫だと思います。パリ在住の日本人でも地下鉄や美術館ではスリに合う場合もあくらいなので、しっかり安全対策はしておくことが大切です。むしろ友達とワイワイしてると危機感が薄れて油断することもあるので、ひとりの方が緊張感があってよいかもしれません。あと、日本人に声掛けしたりして馴れ馴れしいところは要注意で、日本人に冷たいところは話しかけてこないので気が楽って場合もあります。

 

③地理が分からない
スマホにグーグルマップを入れておけばOKです!自分のいる位置もすぐに分かるし、方向音痴な私は何度もグーグルマップに助けられました。地図を持ち歩くことがほとんどなくなりました。

 

④移動手段が不安
移動手段については事前調査で不安は取り除けると思います。ここを怠ると困ることになるので面倒でも調べた方がよいです。

 

⑤ひとりだと寂しい
こればっかりは、どうしようもないといえば、それまでなのですが、ひとりで一生懸命頑張ってみるってなかなかないので私はそれが楽しいです。あとは私は現地ガイドさんと一緒にまわったりとか、現地ツアーとかに参加することもあるので、そうなるとひとりで旅してる感じはあまりしないので寂しさは感じないです。


私がはじめて海外旅行にひとりで行ったのは社会人になってから。この時は北欧雑貨が好きだったので、フィンランドに行くことにしました。フィンランドは治安もよく夏は白夜で夜も明るいから安全だろうと行く決心をしました。フィンランドの人は私に興味がないらしく、市場でも声掛けされず、お店の人もそっけない人が多かったので楽でしたよ。(語弊があるといけないのですが、やさしい方もいましたよ。特に薬局の人とか。)

まぁ、なんだかんだいっても、ひとり海外旅行に興味が少しでもあるなら1度チャレンジしてみてください!


◎日本から近い!ひとり海外旅行おすすめスポット

 

【台湾 Taiwan】

・定番スポット/台北

f:id:miporip:20170628233645j:plain

近くて安く行ける台北です。日本人観光客も多い人気の国。一番にこの国を上げたのはひとりごはんがしやすいからです。一皿がそんなに多くないので何種類か注文することができます。せっかく行くならいろいろ食べたいですよね。また夜市はひとり旅にはありがたいです。

・チャレンジスポット/台南

f:id:miporip:20170628233842j:plain

台北から新幹線で行くことができる台南。新幹線のチケットを買うのも、乗るのも簡単!台北よりも田舎で素朴、日本人も台北ほどはいないです。日本人がいると旅行感がないなと思う方は台南の方がよいかも。日本統治時代の建物がありクラシックな印象です。ひとりごはんも気兼ねなくできます。

 

【香港 Hongkong】

・定番スポット/香港

f:id:miporip:20170628233216j:plain

香港は英語が話せる方が多いので旅行しやすいです。食事もおひとりで入れるお店が多いのもポイント。美味しいものがいっぱいです。またショッピングは輸入品が安かったり、カワイイ雑貨もあるのでいつ行っても楽しめます。台湾は日本の物が多いですが、香港はイギリスの物が充実。ただ、観光スポットは少ないかも…。

・チャレンジスポット/深セン

f:id:miporip:20170628235039j:plain

深センは中国本土になり、香港ではないのですが香港からすぐに行けます。(中国本土なのでグーグルが使えないので注意です。)物価が安いのが魅力。開発中の地域なのでキレイだったり趣があるっていう感じではないですが、それはそれで面白いところです。香港から地下鉄で行くことができます。(もちろんイミグレーションはあるので手続きは必要です。)

 

【マレーシア Malaysia】

・定番スポット/クアラルンプール

f:id:miporip:20170628233235j:plain

英語OK、近代都市のクアラルンプール。色々な国の人が生活しているので食事も多様で美味しいです。台湾・香港だと日本人と近い顔立ちですが、マレーシアは異国感があって海外旅行きたな~って実感できます。

 

・チャレンジスポット/コタキナバル

f:id:miporip:20170628234313j:plain


自然に満喫したい方におすすめです。日本から直行便もあるので不安なトランジットもなし!リゾート地ですがハワイやグアム、バリほどチャラチャラしておらず、自然がいっぱい。現地ツアーも多いのでひとりでも楽しめます。そして、オラウータンの子供はとっても可愛いですよ~。ホテルは高級ホテルでもそんなに高くないですし、街中のホテルはリーズナブルです。


旅行はひとりでもふたり以上でも楽しいものです。誰かといかないといけないという先入観は忘れて、行きたい場所・行ける時期が友達と合わなかったら諦めるのではなく、ひとりで行くという選択肢が増えるともっと気楽に旅行に行けますよね!

 

 

モナコ気分のコスメ!リッチな春の新色

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。この時期はコスメの春の新色が出ててくるのでワクワクしますね♪私も思わず買ってしまいました!それが、Elégance CRUISE(エレガンスクルーズ)のモナコ コレクション。モナコをイメージしたリッチなカラーが素敵なんです!(2017年3月18日発売)

◎春らしい柔らかな色とリッチな煌めきアイシャドウ
アイシャドウの限定カラーは4色あります。私はその内の3色を購入しました。モナコ コレクションのケースは高級感のあるブルー。通常カラーはミントグリーンのケースに入っています。

f:id:miporip:20170320191048j:plain

パッケージも金の箔押しがされていて豪華仕様ですが価格は通常商品と同じ1,800円です。ミントグリーンのケースも可愛いけれど、深いブルーも素敵ですよね。さてさて、限定カラーですが、私が購入したのはX02(アイボリー系)・X04(ゴールド系)・X05(ピンク系)の3つ。この他に濃いブルー系の色があります。

f:id:miporip:20170320191108j:plain

 X05のピンクはもう売り切れている店舗もあるくらい人気のカラー。コーラルぽさもあるので肌なじみのよいピンクで使いやすさは抜群ですね。人気なのも納得。ゴールドは他の色よりもラメが大きめでキラキラします。少しメタリックぽさもあり大人のアイシャドウって感じです。アイボリーは上品な白で、まぶたを明るくしたり、下まぶたにつけるのにぴったり。

 

◎アイシャドウケースもモナコ的なリッチ仕様!

ゴールドのレオパード柄とシルバーのグランジ系?のアイシャドウケースも限定品です。ゴールドはアイシャドウが4色。シルバーは3色入れることができます。コンパクトサイズなので旅行にも便利そう。

f:id:miporip:20170320193223j:plain

マグネット式で入れ替えも簡単。そしてコンパクトサイズながらアイシャドウチップもきちんと入っています。そして、このアイシャドウケースのパッケージも素敵なんです。パッケージもレオパード柄の金箔押しとシルバーのグランジ仕様。パッケージの参考にとっておきたいデザインです。

f:id:miporip:20170320193703j:plain

 

◎リップも宝石のような煌めき

保湿バームとリップカラーがアンティークぽいケースにセットされているリップです。限定色のX01はブルーのパッケージ。

f:id:miporip:20170320193109j:plain

限定色はピンクにゴールドのラメが入っています。どちらもとろけるようなつけ心地で、塗りやすいです。バームだけではツヤが出ないのですが、カラーの方をつけるとツヤがでます。唇につけると色味はほとんど感じず、ラメも控えめだったので使いやすいと思いました。


◎ノベルティも旅気分になれるアイテムがもらえる!
今なら3,500円以上買うともらえるキャンペーンをやっていました。3種類のマグネットとサンディーカラー(チーク)のセット。可愛いトランク風のBOXに入っています!

 

f:id:miporip:20170320191119j:plain


マグネットはイカリ・切手・船の絵柄。そして、サンディーカラーはPK101のミニサイズです。既存のカラーのがお試しできるので嬉しい!このチークは液状なのですが、お肌にのせるとパウダーのようにサラサラした質感になります。薄づきなので好みの濃さになるくらいに重ねづけするとよいみたいです。

 

www.elegance-cosmetics.com

 

コスメでも旅ができる素敵なコレクションでした!モナコ行ってみたくなっちゃたなぁ~。

アジア最大級の上海sephoraでお買い物レポート!

上海のsephora(セフォラ)でのお買物レポートです。


アメリカのsephoraのホームページを見てるとワクワクするアイテムがたくさんあるのですが、アジア圏のサイトだと商品が少ない…。やっぱりsephoraを楽しむにはアメリカかパリに行った方がいいなと思いつつ、アジア最大級のsephoraへ行ってきました。

場所は南京西路駅のすぐ近くにあります。建物は4階建てくらいですが、商品が陳列されているのは2階まで。メインは1階のメイクアップの売り場。といってもそんなに広くはなくあっさり見回ることができました。

今回の目当ての化粧品はbenefit(ベネフィット)の毛穴用下地とsephoraオリジナル化粧品です。


◎毛穴対策にベネフィットのザ ポア プロフェッショナル
毛穴用下地として有名なこの下地。日本では正規では売っていないのでなかなか買う機会がなかったのですが、やっと手に入れることができました!普通サイズとミニサイズの2種類があり、私はミニサイズを購入。ちなみに普通サイズ22mLは上海で買うよりもAmazon並行輸入品を買う方が安いみたいです。中国sephora価格310元(約5890円)、ミニサイズは7.5mLで中国sephora価格118元(約2242円)でした。

 

f:id:miporip:20170313215945j:plain

f:id:miporip:20170313215954j:plain

f:id:miporip:20170313220003j:plain

スキンカラーで柔らかいクリーム。肌に伸ばすとすごくサラサラに!この脅威のサラサラ感すごいです。プリマヴィスタの下地でもダメだったのでこの下地ならよさそう♪

 

◎チューブにクッションがついた進化系チーク

sephoraオリジナル商品として推してるのがチューブにクッションがついた商品。Wonderful Cushion Blush。ハイライトもラインアップされているのですが、売り切れの模様。チークも2色しか残っていませんでした…。
 

f:id:miporip:20170313220342j:plain

03 Bubbly Syrup 气泡糖浆

f:id:miporip:20170313220556j:plain

こんな風にチューブの先端にスポンジがついています。

f:id:miporip:20170313220609j:plain

色が出てきました。つけ心地はみずみずしく、透け感のあるやさし色味。乾くとサラサラになります。薄づきなので調整しやすいです。他の色も欲しいなぁ。


◎リップもクッションの波が来た!
チークにつづいて、リップもクッションタイプ。Wonderful Cushion Matte lip cream。チューブの先端に丸いスポンジがついています。パッケージにはリップマークがいっぱいで可愛い。

f:id:miporip:20170313221338j:plain

02 Wonderful coral 珊瑚色

f:id:miporip:20170313221456j:plain

中央の穴からリップがでてきます。

f:id:miporip:20170313221522j:plain

色が出てスポンジにしみています。マットな質感なのでリップケアを事前にするとキレイに色がつきます。かさかさの唇につけると汚く見えるので注意です。

 


◎一時は売り切れも!メイク定着ミスト
MAKE UP FOR EVER(メイクアップフォーエバー)のミスト&フィックスです。恐らくテレビでピカ子さんが使って一時は売り切れになったほどのアイテムです。日本では125mLのサイズしかないのですがこちらではミニサイズ30mLがあったのでお試しとして購入してみました。

f:id:miporip:20170313221741j:plain

汗をかく時期に使いたいお守りのようなミストですね。

 


◎香港のsephoraはどうなの?
日本から近いsephoraは中国なのですが、香港に行く機会の方があるので今度は香港sephoraで購入したいと思います。ただ香港はオンラインショップのみだとか。事前に注文して、宿泊するホテルに届けてもらうのがよさそうです。実物が見れないのはなんとも寂しいのと、品揃えは中国と同じ感じなのであまり期待できないです。でも日本では買えない商品も多いので、一度オンラインショッピングをのぞいてみるのも楽しいですよ。(中国のsephoraよりもサイトが見やすいです。英語だし、中国のは動きが遅くて…)

 

sephora香港のサイト

Sephora Hong Kong 丝芙兰 香港: Buy Makeup, Skincare and Cosmetics

 

世界のsephoraサイト一覧

www.sephora.com

 


※中国元は1元=19円で計算しています。(少し高めの設定にしています)

上海ひとり旅 一番美味しい小龍包を食べに行こう!

上海にひとり旅してきました!6年ぶり、4回目の上海です。ひとり旅で行くのは今回が初めてなのでドキドキでした。ひとり旅とグループ旅では同じ場所でも趣が違うのが面白いですね。

f:id:miporip:20170313212354j:plain

 

◎上海弾丸旅の往復のスケジュール!
今回の旅の目的は小龍包を食べること。私的には台湾や香港よりも上海の南翔饅頭店の小龍包が一番おいしいと思っているのでそれを再確認すべく行ってきました。(六本木で食べたらいいじゃんって感じですが…。)

 

▽3/9(木)/往路スケジュール
22:30 
ちょっと早いけど羽田空港へ出発。チェックインは2時間前からとの案内だったけど2時間30前くらいにカウンターが開く。日本人より中国人が多くて荷物の制限でもめてる人多数。チェックインまで思いのほか時間が掛かる。peachのスタッフの方はとても大変そうでした…。


▽3/10(金)
02:10
羽田空港から浦東空港へ。peachのセールで買ったちょっと安い航空券だけど、座席は非常口の窓際。隣の席が2つ空いてて快適!

05:00
浦東空港に到着。市内に行くバスの始発が6:30なのでしばらく待つ。バス亭の場所と時刻表の確認をしようと空港の外に出るものの、空港内に入ろうとすると荷物検査があるので、気軽に出入りできない…。

6:30
始発のバスに乗って市内へ。

7:30
静安寺到着。まずは朝食を食べて、ホテルに荷物を預ける。荷物が軽くなったので街ブラスタートです。

 

▽3/11(土)/復路スケジュール
22:00
市内からタクシーで浦東空港へ。タクシーで1時間くらいで到着。まだチェックインには早いかなと思ったけど、すでにカウンターが開いていたので並ぶ。行きよりもみんな荷物が少ないのでスムーズに進む。(日本に行く中国人が多かった印象。)

 

▽3/12(日)
01:25
浦東空港から羽田空港へ出発。ボーディングタイムが00:55だったけど出国手続きと手荷物検査が終わったのが00:55。これは私がのんびりしていたわけではなく、超超超!出国手続きと手荷物検査に時間がかかったから。1時間30分ひたすら立って待つ。辛かった。

04:55(本当は05:15)
羽田空港へ到着。予定時刻より遅れましたが快適フライトでした。帰りも隣の席が空いていたのでゆったり。


大まかな往復のスケジュールは上記の通りです。4日間使っているので1泊4日なのですが、正味2日間。機内泊が2日もあるので疲れます。そして、今回のフライトはpeachを初めて利用しました!上海に行きたいな~と思っていた時にセールをやっていたので安く航空券を買うことができました。羽田から上海に行くLCCってpeach春秋航空くらいでしょうか。春秋航空はチケット代は安いのですが、燃油サーチャージが別途かかってそれが意外に高いんですよ!この時は合計金額でみたときにpeachの方が安かったのでpeachに決めました。

 

peachの乗り心地レポート!
今回は往復とも非常口付近のスマートシートを予約しました。peachの座席はファーストシート・スマートシート・プレジャーシート・スタンダードシートの4つに分かれています。

 

ファーストシート(2200円) 最前列のシート
スマートシート(1100円) 前方2列目から5列目までと非常口付近の座席(足元が広い)
プレジャーシート(850円) 前方の席と窓側の席
スタンダードシート(600円) その他の席

※料金は国際線をインターネットで予約して、ハッピーピーチで予約した場合。

 

peachはバニラエアと同じくらいの手ごろな価格なので助かりました。香港エクスプレスのスイートシートは3000円と高額なので断念します…。

f:id:miporip:20170313200748j:plain

足元広々で快適。私の場合、平均な身長なので余裕がありすぎるくらいでした。機内では寝ているだけなのですが、このスペースはありがたいです。

 


◎早朝の浦東空港から市内へはバスを利用!

f:id:miporip:20170313201102j:plain


タクシーで行くかリニア&電車で行くか迷って、バスで市内に向かうことにしました。宿泊するホテルの近くのバスターミナルに停まるとのことだったので、始発の時間まで待って乗車。私は飛行機が着いてから時間があったので第2ターミナルから始発の第1ターミナルまで歩きました。料金は22元(22元=約400円)で第2ターミナルで乗ってくるスタッフの人にお支払い。
バスは正直ボロイです。背もたれにもたているだけなのに背もたれが倒れる。もうすぐフラットシートになるんじゃないかと思うほど(焦)

 

f:id:miporip:20170313200928j:plain

 


◎上海で人気の台湾風の朝食を食べる!
さてさて、浦東空港から静安寺近くのシティエアターミナル(上海機場城市航站楼)到着です。ここまで60分くらい。近くの久光百貨にある「桃園眷村」へ。台湾式の朝食がいただける人気店。(店舗は他にもあるみたいです)お店はすごくキレイでおしゃれ。

f:id:miporip:20170313201405j:plain

メニューは難易度高くて壁に書いてあるので、しゃべれないのでどうして良いか困る。そうしたらポストカードサイズのメニューをくれたのでペンでチェックしてオーダー。


私は、豆乳のスープと台湾風おにぎり?を注文しました。番号が渡されるのでテーブルに座って待っていると持ってきてくれます。2つで40元(約760円)安くはないですね。

f:id:miporip:20170313201426j:plain

こちらが豆乳スープ「咸豆浆」豆乳が固まっているところがあるので豆乳&豆腐スープみたいな感じ。中にはノリ・油条・ザーサイみたいなのが入っています。少し酸味を感じます。量もたっぷりあるのでこれだけでも朝食としては十分かも。

 

f:id:miporip:20170313201440j:plain

台湾風のおにぎり「香腸葱蛋飯団」はもち米に台湾ソーセージと油条・卵・ネギが入っています。すごく美味しいというわけではないのですが、好きです♪美味しいです。こんな朝食が食べれるなんて幸せ。

 

さてさて、お腹いっぱいになったところで、リュックを預けるべく、宿泊するホテルへ向かいます。ホテルはエクアトリアル上海(上海国際貴都大飯店)。

※プチ情報:2017年3月から全館禁煙になったそうです。

 

静安寺駅の近くなのですが歩道橋を渡らないといけないので少し不便ですがエスカレーターがあるので辛くはなかったです。ホテルについて、今日チェックインをする旨を伝えてリュックを預けることに成功!良かった。これで身軽になったので町歩きスタートです。


◎アジア最大級のsephoraへ
小龍包の目的の他にsephoraに行きたいというのもありましてホテルから歩いて南京西路にある店舗へ。ただ、事前にネットで調べた限りはアメリカのsephoraとは品揃えが結構違うみたいで、欲しいものが見つかるかな~?というかんじ。アメリカはsephoraのオリジナル商品が豊富ですが上海は少ないみたいです。残念。そして、アジア最大級は期待してたよりも最大ではなかった…。sephoraでの購入品レポートは別記事でご紹介したいと思います。


◎小龍包とカリカリ豚!ジェードガーデン
ランチは香港系のレストラン「翡翠酒家」(ジェードガーデン)で食事です。伊勢丹の入っているビルの梅龍鎮広場にあります。伊勢丹の地下にのフードコートにも入っています。他にも新天地にも店舗があり、ブログでよく見かけるのは新天地店の方みたい。

 

f:id:miporip:20170313201908j:plain

すごく煌びやかな店内。注文は「きゅうりのたたきニンニク和え」(正式なメニュー名が分からない)、「金牌焼肉」「上海小龍包」の3つ。本当は坦々面もと思ったのですがこの店舗にはないらしく断念。

 

f:id:miporip:20170313201923j:plain

日本で食べるキュウリのニンニク和えはニンニクが口の中で主張しすぎていつまでも口の中にニンニクがいることが多いのですが、これはニンニクのくどさがなくスッキリ。

 

f:id:miporip:20170313201943j:plain

カリカリ豚~♪もう本当にカリカリです。お肉の部分はジューシー。なんて幸せなんでしょう。中華圏に行ったら食べたいメニューですね。

 

f:id:miporip:20170313201956j:plain

皮が薄目でお箸で持ち上げるとスープの重さで小龍包が伸びます。たっぷりスープが美味しいです。でも、私は南翔饅頭店が一番好きなのは変わらずでした。

 


◎上海博物館を初見学!
南京西路から人民広場へ地下鉄で移動です。人民広場から上海博物館は近いので公園の中を歩いていきます。公園にはお花が植えられていてキレイでした。

f:id:miporip:20170313202544j:plain

博物館の入り口は2か所。私が入ったのは裏側??だったのか人がいなくてスムーズには入れました。もう一方の入り口は長蛇の列。おそらく観光バスがいっぱい停まっていた側なので団体さんなのかも。

 

f:id:miporip:20170313202808j:plain

展示の方は、特に面白くはなかったので書くことがありません…。日本や香港の博物館は楽しいのでそれに比べると私は退屈な印象でした。

 

民族分布図

f:id:miporip:20170313202641j:plain

 

キレイな色の着物。

f:id:miporip:20170313202600j:plain

無料で入れるので時間つぶしには良いかも。平日でしたが賑わっていましたよ。

 

◎上海のおしゃれスポット新天地&田子坊を歩く
人民広場から地下鉄で黄陂南路駅まで行き、歩いて散策です。黄陂南路駅から新天地・田子坊へは歩いていけますが距離は結構ありました。まずは新天地をぶらぶら。何か面白いオブジェがありました。

 

f:id:miporip:20170313203510j:plain

 

こんな風にライトアップさせるみたいです。

f:id:miporip:20170313203527j:plain

 可愛いかも。

 

なんとなく入ったシッピングセンターにジェードガーデンを発見!ここなら担担面が食べられる!思わずランチのはしごです。先ほどの店舗と違って赤いインテリアが印象的。

f:id:miporip:20170313203629j:plain

食べたばかりだったので「担担面」と大好きな「楊枝甘露」(?)を注文。

 

f:id:miporip:20170313203649j:plain

坦々面は具はなくスープと麺のみの潔い仕様。コクのあるスープは日本ではなかなか出会えない味です。突出して美味しい訳ではないのですが、スープが飲みたくなる~。

 

f:id:miporip:20170313203710j:plain

メニュー名が楊枝甘露かどうかは忘れてしまったのですが、好きなデザートです。もったりした濃いマンゴー味。今まで食べた中でこんなにマンゴー感のあるのは初めて。(今までのはココナッツミルクが多めでもっとさらさらしていました。)タピオカとポメロの果肉の食感がいい感じでした。

 

すでに3食分を食べてしまったので、田子坊まで歩くことにしました。事前調べでは新天地と田子坊は歩いて散策がしながらがおすすめ、みたいなことが書いてあったのですが、普通の街を40分弱歩くのでどうしたものかという感じ。でも歩かないと!と気合を入れて、てくてく歩きました。

f:id:miporip:20170313203824j:plain

 

田子坊は狭い路地にたくさんお店が並んでいるところです。お店は個性的なものもあればあちこちで同じものを売っている店も。雰囲気があって面白い場所でした。

f:id:miporip:20170313204022j:plain

こちらが入口。入口はいっぱいあります。

 

f:id:miporip:20170313204056j:plain

お店で多いのは化粧品(上海女人)とお茶、スカーフかな。私は19元(約360円)のスカーフを購入。もっと買えばよかったかなぁ。

 

ここまで歩いて、さすがに疲れたので最寄駅まで歩いてホテルに戻ることにしました。帰りに朝に食べた桃園眷村に寄ってテイクアウトし、部屋で食べることに。この日は疲れて夕飯を食べに出かける気力がありませんでした…。お休みなさい。

f:id:miporip:20170313204334j:plain

お部屋はキレイで快適!

 

f:id:miporip:20170313204346j:plain

部屋からの景色。夜は車が多くて、遠くにライトアップされた金色の静安寺が見えます。ちなみに、エクアトリアル上海のスリッパとバスローブはフワフワでとっても気持ちよかったです!普通ランクのホテルなのにこのクオリティは素晴らしいです。

 

f:id:miporip:20170313204451j:plain

写真じゃフワフワ感が伝わらないですね…。

 

 

~ここから2日目です~

 

1日目は食べて歩いていただけでしたが、今日も食べて歩くだけの予定(笑)で、夜に日本に帰ります。


◎朝食はエクアトリアルホテルのビッフェ
エクアトリアルホテルの朝食情報があまりなかったので不安でしたが、どんなものかと朝食付きにしました。サラダバー、フルーツ、点心、野菜系のおかず、お粥、麺、チャーハンがありました。残念ながら特に美味しいものはありませんでした。私はサラダ菜にメロンとシロップ漬けの黄桃をメインに食べました。

f:id:miporip:20170314094817j:plain

こちらが試によそってみたおかずです。野菜饅頭にカレーのモモ、油条にインゲンの炒め。どれも微妙な味。これなら桃園眷村に行った方がよかったなぁ。


湖南省の料理を食べてみる
湖南省の料理で人気らしい古意湘味濃へ。静安寺付近には2店舗あって、私は路面店の富民店にしました。もう一軒は久光百貨の上にあります。

 

こちらはお通し。もうすでにテーブルに用意してありました。

f:id:miporip:20170313205055j:plain

中華料理店でよく出てくるナッツとキクラゲの和え物です。このキクラゲは小さく形が揃っていて、唐辛子と香菜が効いていて美味しかったです。(この旅で一番美味しい発見だったかも。)キクラゲが嫌いな私ですが全部食べてしまいました。

 

お店オススメの鶏と山椒の和え物

f:id:miporip:20170313205109j:plain

山椒がほどよくていい感じ。ちなみにメニューには写真がついていて、さらに日本語も書いてあるので選びやすかったですよ。

 

お次は、春菊のサラダ

f:id:miporip:20170313205146j:plain

ここで思わぬ誤算。メニューには写真がついていると書いたのですが、その写真では手のひらサイズのお皿に春菊が盛り付けてあったのですが、実際にきたのはボールのような形のお皿にモリモリの春菊…。誇大表現ならぬ誇小表現でした。

 

そしてメインは「湘西一品大魚頭

f:id:miporip:20170313205205j:plain

ひとりじゃ絶対に食べきれない量ですが、どうしても食べたくて注文。大きいお皿で運ばれてきます。脂ののった白身魚を開いて上に青い唐辛子?みたいなものがのっています。このお店を紹介しているブログではこぞって、これが美味しいと掲載されていました。しかし…私はそれほどでもって感じでした。(残念すぎる)
私の舌が子供舌なのか、この美味しさがいまいち分からず。確かに白身はくせがなく、しっとりでジューシー。タレの味も良し。上の唐辛子の辛さもOK。で、何がだめかといいますと、唐辛子が青いせいかピーマンの独特の風味がするんです。ピーマンが苦手な方ではないのですが、あの苦味ではなくピーマン臭さがしてどうにも箸が進まず。
人の味覚と自分の味覚の違いを改めて知らしめられました。

 

f:id:miporip:20170313205252j:plain

とにかくこのお店で食事できただけでも満足なのでOKです!他に美味しそうなものがたくさんあったので、次回もまた行くとは思います!

 

◎本命の小龍包「南翔饅頭店」を食べる!
六本木に行けば食べれるじゃん!っというツッコミな無しにして私は「南翔」の小龍包が大好き。小学生のころに上海で初めて小龍包を食べて大感激したのが豫園にある「南翔」。そして、生姜ってこんなに美味しいだと気づいた瞬間でした。この時は、日本にはなぜ餃子ばかりで小龍包がないのかと子供ながらに思ったものです。(このころは餃子が好きじゃなかったので)それが今では小龍包が気軽に食べられるようになりましたね。しかし、美味しい小龍包ってほとんどなくて…日本では小龍包はほぼ食べなくなってしました。

 

今回は豫園ではなく、ホテルに近い南京西路にある支店(店)に行くことに。このお店はファミレスみたいな感じで気軽に入れます。豫園に行く時間がなかったのでここにしましたが、時間がある方はちゃんと豫園で食べてくださいね。

 

なんとなく、メニューにあった蟹粉セット豚肉の小龍包を注文。蟹粉セットは野菜の小鉢に蟹粉の春巻き、蟹粉の雲呑の3点です。正直、蟹の風味がしなくて失敗でした。

f:id:miporip:20170313205733j:plain

大きい貝割れ?の小鉢。

 

f:id:miporip:20170313205814j:plain

蟹粉入りの雲吞です。蟹の味はしません…。

 

f:id:miporip:20170313205905j:plain

蟹粉入りの春巻き。こちらも蟹の味はせず…。

 

そして、こちらが小龍包!これこれー♪

f:id:miporip:20170313205948j:plain

皮をぷちっと破る食感、そこから出るスープの味。やっぱりこの小龍包が私のNO.1です。このスープの味は他にないんですよね~。やっぱし美味しいと再確認完了。もっといっぱい食べたいですが、お腹的に無理なので今回は1蒸篭で終了。次回は3蒸篭は食べたい!


◎上海自然博物館で童心に
またもや博物館です。昨日行った博物館とは違って子供が楽しめる博物館。入場料は30元(約570円)安いです。土曜日の午後だったので子供が多かったですが、館内は広いのでそんなに混雑している感じはしませんでした。(確か、博物館の前に現在の入場者数が表示されていて3500人くらいだった気がします。)

f:id:miporip:20170313210543j:plain

f:id:miporip:20170313210836j:plain

 

メインの展示は、恐竜・マンモス・くじら・クラゲなどの大型生たち!

f:id:miporip:20170313210611j:plain

f:id:miporip:20170313210644j:plain

天井にもつるされています。鹿・オオカミもいます。

f:id:miporip:20170313210727j:plain

f:id:miporip:20170313210742j:plain

なかなかの迫力です。他には、古代の生物のこと、鉱物や蝶や貝の展示などもキレイで面白かったです。一度行ってみるのをおすすめしたいスポットです。

 

自然博物館の前の公園にも広くてチューリップがキレイに咲いていました。上海は公園の整備に力を入れているのか、お花がキレイに植えてあるところが多かったです。きちんと整備していますって気持ちが伝わってきます。

f:id:miporip:20170313210808j:plain

ここから歩いてペニンシュラホテルをめざします。歩いて50分くらい。目的はクッキーを買うこと。しかし、頑張って歩いたのですが香港のペニンシュラと違いクッキーの種類が1つしかなく、それも10枚くらいで150元(約2850円)高すぎて買うのやめました…(しょぼん)


その後、たまたま通りがかった大丸百貨の地下のパン屋さんでクッキーを2種類購入。チーズペパー味とアーモンドスライスがのったタルト風クッキーの2つで44元(約836円)。タルト風クッキーはミルク味が濃くて思わぬ美味しさでした!

 

◎京劇鑑賞。言葉が分からなくてもヨシ!

f:id:miporip:20170313211435j:plain


一度、台湾でみて面白いなぁと思ったので上海でも京劇鑑賞してみることに。人民広場近くの「上海天蟾逸夫舞台」で昨日、窓口でチケットを買っていたのでスムーズに入場できました。料金は座席によって違います。この時は5種類くらいあって私は真ん中の180元(3420円)の席。(演目によって変わるみたいです)

 

f:id:miporip:20170313211404j:plain

 

 演目が何だか分からずに行ったのですが、始まるとあのゴキブリの触覚みたいなのをつけてる人物が…これでこの人は呂布だなと理解する私。(三國無双やっててよかったです)そうして、どうも呂布は女性に一目ぼれしたらしいのです。ここで連環の計の話しだと分かりました!なんとなく知ってる話で良かったです。この演目では、ロミオとジュリエット的なラブストーリーがメインで呂布貂蝉への気持ちを中心に進んでいるようでした。なので呂布董卓の戦いはそんなになかったです。ちょっとそこは残念かな。

f:id:miporip:20170313211530j:plain

約2時間の上演でした。さて、ここからタクシーで空港まで向かいます。

 

市内から空港までは180元~200元と事前情報があったので、タクシーに乗って空港へ。しかし!かかった金額は300元!!やばい、お金が足りない…お財布には280元くらいしかなく、運転手の方にこれしかないと言ってサービスしてもらいました。(申し訳ない…)たぶんぼったくられたわけではないと思います。私も地図アプリをみて遠回りしてないかどうかは確認したので。深夜料金がかかったとしても少しだし…。サービスしてもらえてよかったです。さすがに300元は高すぎるので次回からはバスか電車を利用しようと思います。

 

浦東空港に23:15分くらいに到着して、peachのカウンターへ。チェックインを済ませて出国審査場へ。ここから00:55まで約1時間30分ひたすら並び続けました。(辛すぎる~)
出国する人数に対して空いてる窓口が少なくてみんなじーっと待っています。出国審査を終えても手荷物検査場も3つしか空いていないので、とにかく立って待っているいるしかない状態。旅の最後の最後に過酷な試練が待っているとは。空港スタッフは無表情で、急いでいる人にも並んでくださいと無下に言うだけ。もうちょっとなんとかしてよ!って思いますが、こればかりは仕方ない。

ボーディングタイムの00:55に手荷物検査を終えることができ、飛行機には間に合いました。01:25の出発からは少し遅れて浦東空港を離陸。羽田空港には20分位遅れて到着しました。浦東空港での出国審査に時間がかかったので羽田でもまた並ぶの嫌だなぁと思ったのですが、列はなく、あっと言う間に入国できました。

 

バスの始発の時間まで少しまって、無事に家に到着。これで1泊4日の上海ひとり旅終了です。

 

今回の旅で上海の街の様子は分かったので次回はもっと深いところに行ってみたいと思います。そうしたらもっと安くて美味しいものに出会えるかも!

 

※今回の記事中の円換算は1元=19円でおこなっています。このときの両替の相場が18.40~18.70くらいだったので切り上げて19円にしています。

ネイルの神!?hana4さんのワークショップに行ってきました

ネイリストhana4さんのワークショップに参加してきました。あの情熱大陸でも特集されたネイリストさんです。ネイリストの中でも別格の存在です。
一方、私は爪の長さを整えるのもネイルサロンにいくほど不器用で、自分でマニュキュアをちまちま塗っているので、こんなトップネイリストさんとは関わりができるはずもないのですが、今回はクラフトのワークショップということで参加できました!ネイルのワークショップじゃ私には敷居が高すぎて無理だったので良かったです。

 

◎どんなワークショップだった?
ワークショップのテーマがウエディングのメモリアルボックス。メモリアルボックスをジェルネイルで装飾・デザインを描くというものです。最初の告知ではこれから結婚式をする花嫁さん向けの案内だったので、私なんかが参加できないよな~と思っていたのですが、友達に作ってあげたいとか、そんなのでも良さそうな雰囲気になったので申込みをすることに。正直、メモリアルボックスてなんだ?って感じでした。

場所は中目黒。ウエディングイベントの一角で行われました。参加人数は14名限定とのことだったので小人数でした。

まずは、プラスチックの容器のフタの裏側にジェルネイルで着色していきます。タイダイにしたり、ドットにしたり、グラデにしたりみんな自由に。
その後、自分の好みの色を選んで着色していきます。使用したジェルはグランジェ。マニュキュアのようにキャップに筆が付いているので広範囲が塗りやすいです。

f:id:miporip:20170307115327j:plain

私の塗ったやつはこんな感じです。ジェルネイル初めて触ったよ~。何度か重ねて塗ってからトップコートで仕上げます。

f:id:miporip:20170307115338j:plain

 

その後、フタの表にジェルでレースを描いていきます。(レースじゃなくても可)間近にhana4さんのワークを見れることがないので感激。繊細なレースがスルスルと描かれていきます。私も良し!やるぞと思ったのですが、さすが初心者、全然上手く描けませんでした…。


こちらのレースに使用したジェルはレイジェルのアイシングジェル。固めのテクスチャーでぷっくりした仕上がりになります。(クッキーであるアイシングと同じ感じです)ぷっくり盛り上がるのでレース感がより引き立ちます。

 

繊細な作業だったので最後の方は疲れてしまいました…。でも約3時間のワークショップはあっという間でした。こちらがみんなの作品です。みなさんすごくお上手です!

f:id:miporip:20170307115351j:plain


◎hana4さんのネイルサンプル&ネイル施術の相談も
会場にはhana4さんの作品もあり、撮影させていただきました。すごく繊細なアートでほれぼれ。こんな風に描けたらいいな~。

 

f:id:miporip:20170307115410j:plain

ワークショップ参加者限定でネイルの予約も受け付けてくださるそうなので、ぜひ一度はお願いしたい!と切望。でもとてもお忙しいようです。

 

ネイル初心者でもなんとかなったジェルネイルを使ったクラフトのワークショップでした。次回もクラフトのワークショップがあったら参加したいと思います。…その前にレースの描き方を練習しなきゃ!